諸悪の根源・ドコモ「電話帳サービス」、ついに無効化が可能に。 昨日のアップデートで実装か

 XPERIA Vとそれをベースとする国内版で報告されていた不具合「死の眠り」を、修正するアップデートがきていることを昨日お伝えしましたが、このアップデートにより、ドコモ「電話帳サービス」が停止できるようになりました。


(Image by pinktentacle.com)

 実は31日はSO-01E以外にも、ギャラクシーなどを含む複数の機種にアップデートが行われています。30日にアップデートがきている機種もありますが、SC-06Dは無効化できないようです。

[追記]ゼロから始めるスマートフォンさん、情報提供ありがとうございます!

 その中で無効化できることが確認できたのはXPERIA AX SO-01E、GALAXY Note II SC-02E、GALAXY S III α SC-03Eです。他の機種も同様の改善がされている可能性があります。

[追記]SC-03Eでも無効化できることが確認されたので加筆させていただきました。REYさん、情報提供ありがとうございます!

 当該機種のソフトウェアアップデートは「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」などで実施できます。

 アップデート後、ドコモ「電話帳サービス」の無効化方法は以下の通り。

 まず「設定」→「アプリ」→「すべて」の一覧から「電話帳サービス」を見つけます。

 ここで無効化が可能になっています。既にアップデートしている人は、「アップデートの削除」を押して下さい。すると、そのボタンが「無効にする」へと変わります。あとはそれを押すだけです。

 これで無事に無効化できます。AXとNote2、S3α以外の機種でもできているでしょうか?

 電池消耗を監視するアプリを入れると、電話帳サービスは、よく勝手に暴走して電池を消費することがよくわかる、そんな悪名高い存在でした。以前のモデルでは、前述のやり方で無効化できていたのですが、最近では無効化すらできない機種が増えつつあり、対策が必要となっていました。このような方向転換は喜ばしいことだと思います。

 ドコモアプリを使うユーザーも、メーカーやGooglePlayのアプリを使うユーザーも、どちらも快適に使える機種が、今後もドコモさんから多く出てくることを願います。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus