パナソニック、来月からスマホ事業に再参入――まずは北米、法人向け すまほん!!

eluga_594x240

 朝日新聞は、Panasonicが法人向けスマートフォンの製品開発を皮切りに、スマートフォン事業に再参入する方針であることを報じました。

 今回、Panasonicが再参入するのは、法人向けは生産計画が立てやすく、顧客のニーズが掴みやすいことなどが挙げられています。2月から北米に5インチのスマートフォンを法人向けに投入する模様です。法人向けを軌道に乗せ、個人向けにも再参入する機会を伺いたい考えのようです。

 Panasonicは、国内外でELUGAブランドを冠したスマートフォンを個人向けに販売していましたが、撤退し、2013年8月には自社生産も取りやめています。

 Panasonicは確かにスマートフォンシフトが遅く、ELUGAシリーズの品質も問題がありましたが、終盤のモデルは非常によく作りこまれ、安定もしていました。しかし主要な取引先であったNTTドコモが「ツートップ戦略」を取ったことがトドメとなり、撤退に至ってしまった印象を受けます。もしこれを機にELUGAシリーズが復活するのであれば、楽しみな話です。

情報元:朝日新聞

こんな記事も読まれています

パナソニック、軍事作戦の遂行に対応した軍用スマホ「タフブック N1 Tactical」

Galaxy Note20 Ultra、落下テストで約1.5mからの落下に10回耐える

小さくなった動画カメラ。LUMIX S5発表

復旧:Twitterに障害発生

Appleの発表会、11月11日に開催決定。Apple Silicon関連か

パナのVR眼鏡は「5K・6DoF対応」、PC接続時はSteamVR利用可能!

7インチ頑丈タブ!パナが「タフブック FZ-S1」を国内法人向けに発売