ノキア、Android端末「Nokia X」「X+」「XL」を正式発表。

nokia-x-Colorful

 Nokiaは、MWC2014において新型スマートフォン「Nokia X」「Nokia X+」「Nokia XL」を正式発表しました。

 本機種は、「Normandy」の開発コードネームで噂されていた、Androidベースの廉価帯スマートフォンです。UIはタイル状で、明らかにWindows Phoneを意識しています。それもそのはず、NokiaはMicrosoftに買収され傘下となっているからです。Google Playからのアプリ追加には非対応で、Nokia独自のAppStoreに対応。SkypeやOneDriveといったMicrosoftのクラウドサービスを利用できるようになっています。

 今回、NOKIA Xに加え、実行用メモリを若干増やしたNOKIA X+、さらに筐体・画面サイズを拡大したNOKIA XLの計3種類が発表されました。

nokia-x

 チップセット Qualcomm Snapdragon S4 MSM8225 1GHz デュアルコア
メモリ 512MB (X+, XLは768MB) 
フラッシュメモリ  内蔵4GB + microSDカードスロット(最大32GB)
 ディスプレイ 4インチ IPS液晶 WVGA(800 x 480)
カメラ  500万画素カメラ
バッテリー  1500mAh (XL:2000mAh)
重量  128g (XL:190g) 

 端末の価格はNokia Xが89ユーロ、X+が99ユーロ、XLが109ユーロとなっており、かなり安いことがわかります。グローバル市場での発売は、Xは近日中に、X+, XLは第2四半期とアナウンスされています。

 Androidを使った低価格端末は、この世界の未来にどのような影響を及ぼすのでしょうか。期待したいところです。

情報元:Nokia

この記事にコメントする

comments powered by Disqus