サムスン Gear 2 を発表。採用OSはまさかの Tizen

スクリーンショット 2014-02-24 00.02.46

 サムスンモバイルは Galaxy Gear の新モデルの詳細な情報を MWC の発表に先立ち公表しました。最大の変更点は採用している OS で、前モデルの Android とは異なる Tizen をベースとした OS を採用しています。

 発表されたモデルは2機種、Galaxy Gear 2 と Galaxy Gear 2 Neo で Neo はカメラが非搭載になっているなど、普及価格帯のモデルになることが予測されます。

 主な仕様は以下の通り。

 モデル Gear2   Gear2 Neo
ディスプレイ  1.63 インチ Super AMOLED  同左 
 プロセッサ 1.0 GHz デュアルコアプロセッサ  同左 
 OS Tizen ベースのウェアラブルプラットフォーム  同左 
 カメラ 2.0メガピクセル オートフォーカス対応  なし 

 他にも、心拍センサーや歩数計、エクササイズを支援する機能を始め、多種多様なアプリケーションも健在です。

 スマートフォンに搭載されるものと予想されていた Tizen OS を搭載したスマートウォッチ、果たしてその出来映えはどの程度なのでしょうか……。

リンク: Samsung Mobile Press

この記事にコメントする

comments powered by Disqus