【鳩の電子便】5000万画素!? 撮影画像から見る OPPO Find7 のカメラスペック

oppo_find7_leak_image

 OPPO社が微博に投稿した、OPPO Find7の写真が5000万画素だというニュースが私の中で話題です。これは色々と確かめるしかあるまいと元画像をダウンロードしてみました。画像はこちらからダウンロード可能です。

 まずはExif情報です。

スクリーンショット 2014-03-03 17.38.07

 確かに8160*6120=49939200、約5000万画素であることが分かります。モデルもFind7となっています。焦点距離の換算は後述するとして、f値が2.0というのは今回新たに判明したスペックかと思います。

 さて、スマホのカメラが好きな人なら5000万画素と聞いて疑わないはずはありません。あのLumia1020ですら有効画素数は3800万画素ですし、この値が本当であれば相当に大きいイメージセンサーの搭載が不可欠になるからです。

 そこでまず私が考えたのは「複数の画像を合成したのでは?」ということですが、画像を拡大してみても継ぎ目のような部分は見当たりません。なにより写真の中心の解像が最も良く、周辺の解像が甘いため、これは一つのレンズにより一回で撮影された一枚の画像であると考えるのが妥当です。

 次に考えたのは「1300万画素の写真をアップコンバートしたのでは?」ということです。現在これが現実的な線かなと思っています。というのは、5000万画素を四分割するとちょうど約1300万画素で、これを縦横に2倍すれば5000万画素となりますから画像処理として楽な部類かと思いますし、実際に画像を50%に縮小してみて「画質的にこんなもんかなー」という感想を抱いたのが理由です。またこれまでに知られているカメラスペックとしては1300万画素となっていることもこの説を支持します。

 最後に「本当に5000万画素のセンサーを搭載している」という可能性も考慮しなくてはなりません。もしそうだとすると、画素サイズは現在主流である1.1μmであると仮定した場合、Lumia1020が1.1μmで1/1.5型ですからFind7のイメージセンサーは1/1.5~1/1.2型程度のサイズのセンサーを搭載することになります。その場合「カメラモジュールはLumia1020と同様に分厚くなるのでは」と思いますがこれまでにリークしているFind7の画像を見る限りそのようには見えません。したがってこの可能性は低いと思われますが、もし本当にこうだったら私は嬉しいです。多分買います。

 さて、焦点距離は後述すると先ほど申し上げましたが、これはセンサーサイズによりフルサイズ換算の値が変わるためです。3.8mmというのは、センサーが1300万画素で1/3型のものを想定した場合およそ換算30mm、5000万画素で1/1.5型のものを想定した場合およそ換算14mm(ああ、これはないですね……)となります。

 というわけで、今回の画像から考えられるOPPO Find7のカメラスペックは

  • 画素数 : 5000万画素(1300万画素のアップコンバート) or 本当に5000万画素
  • 絞り値:f2.0
  • 焦点距離:3.8mm(フルサイズ換算約30mm or 14mm)

となります。果たして本当のところはどうなのでしょうか。今月の19日にプレスイベントで明らかになるということなので、発表が今から楽しみですね。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus