「iPhoneを探す」のAndroid版? Android デバイスマネージャーを設定して紛失・盗難に備えよう!

android_mr_droid

 最近、人混みの多い場所に行く機会が多いので貴重品の紛失・盗難の被害に合わないかビクビクしています。特に自分自身や他人の個人情報の多く詰まったスマートフォンは死守したいところです。

 iPhoneには「iPhoneを探す」というサービスが提供されていますが、Androidスマートフォンの場合は「Android デバイス マネージャー」という機能が搭載されています。これを利用することで、端末の場所の特定であったり、音を出したりロックをかけたり、データを初期化することができます。

利用の前に

 まず、端末側で設定をしておきましょう。お使いの機種やAndroid OSのバージョンによって表示は異なると思いますが、内容は同じものです。

 Screenshot_2014-05-17-11-00-36 Screenshot_2014-05-17-11-00-52

 「位置情報」「Google現在地送信機能」はオンにしておきましょう。モードから位置情報の検出方法を選択することができます。「高精度」をオンにするとより詳細な場所特定に役立ちますがバッテリー消費が早くなります。屋内ではGPSを掴めないということもあるので、普段は省電力にしておくのが選択肢としては妥当です。

 次にアプリ一覧からGoogle設定を開きましょう。 

Screenshot_2014-05-17-10-34-10~01

 このアイコンは昔は緑色だったのでバージョンアップがされていない端末では緑色で表示されているかもしれません。

Screenshot_2014-05-17-10-35-22 Screenshot_2014-05-17-10-35-32

 アプリを開いたら一番下にあるAndroidデバイスマネージャーを選択し、「リモートでこの端末を探す」を選択します。「リモートでのロックと出荷時設定へのリセットを許可」はお好みで選択してください。悪意を持った拾得者に大事な情報が渡らないように遠隔ロックをかけることが出来るので設定を推奨します。

 これで端末側の設定は完了です。

Webから確認

 先ほど設定に使用したAndroidスマートフォンがログインしているGoogleアカウントにWebからログインし、Android デバイス マネージャーのページにアクセスします。 

 このようにGoogleマップでの座標とともに、端末リスト、端末のある住所や誤差の範囲、最終使用日を確認することができます。

スクリーンショット 2014-05-15 12.19.47スクリーンショット 2014-05-15 12.46.49

 ただ、常に正確な位置情報が提供されるわけではありません(誤差2000mと表示されることもあります)。Wi-Fiにつながっているとより正確な位置を割り出せるので、Wi-Fiスポットなどを利用できるのであれば常にWi-Fiをオンにしておくのも有効な手段です。

 また、「着信音を鳴らす」「ロック」「消去」などの操作もここから行うことができます。

 「着信音をならす」はマナーモードに設定していても鳴らすことができますが、一部アプリを利用している場合は鳴らすことができない場合があります。私は「Manner Mode」というマナーモードアプリを利用していましたが、音がなりませんでした。

 こういったアプリを利用している・していないにせよ、設定後には位置情報は表示されるか、音は鳴るか、ロックができるかなどはひと通りテストしておくべきです。緊急時に使えないと意味がありませんからね。

 ロックを選択するとこのような画面がでます。ここでは新しく端末のパスワードを設定しなおしたり、復旧メッセージを送信してロックをかけることができます。

スクリーンショット 2014-05-17 11.19.24

 復旧メッセージは省略可ですが、拾われた方に警察に届けてほしい旨を伝えたり、こちらの連絡先を知らせることができるので便利です。もし、盗まれた場合でもこちらが監視していることを知らせることができるので、端末が返ってくる可能性をより高めることができます。

 それでももし音沙汰が無い場合は、データを消去してしまいましょう。

スクリーンショット 2014-05-17 11.19.49

 データをバックアップしていなければ、もし端末が返ってきたとしても思い出の詰まったスマートフォンはそこにはないということになりますので、どうしようもなくなったときの最後の手段として取っておきましょう。

 スマートフォンには個人情報も思い出も詰まっています。それを守るための対策を常に怠らないようにするのがスマートなユーザーですよ!

この記事にコメントする

comments powered by Disqus