怒涛の対象機種数!――ソニーは2015年以降、「XPERIA Zシリーズ」に最新Android 5.0 Lollipopをアップデートする方針

 Sony Mobileは、Googleの発表した最新OS Android 5.0 Lollipopへの、バージョンアップ対象機種を発表しました。

lolipop

(出典:Alex Ruiz

 Sony Mobileの英語公式ブログによれば、対象機種は以下の通り。全てZと名の付くモデルとなっています。

  • Xperia Z
  • Xperia ZL
  • Xperia ZR
  • Xperia Tablet Z
  • Xperia Z1
  • Xperia Z1S
  • Xperia Z Ultra
  • Xperia Z1 Compact
  • Xperia Z2
  • Xperia Z2 Tablet
  • Xperia Z3
  • Xperia Z3v
  • Xperia Z3 Compact
  • Xperia Z3 Tablet Compact 

 アップデート時期は、XPERIA Z3とZ2世代の機種は2015年初め頃となり、他はそれ以降順次アップデートされるそうです。

 アップデート対象には、2013年の初め頃に登場したXPERIA ZやZLが入っているのも頼もしいところ。やはりアップデート関連で苦労したXPERIA X10などの教訓・反省もあってか、Sony Mobileの製品を選んでいて、この辺りは安心できる点です。

DSC00650

(2013年2月9日発売のXPERIA Z SO-02E、あとはドコモのさじ加減?)

 ちなみに挙げられている機種の国内版、たとえばZの派生モデル・KDDI向けの「XPERIA UL」や、ZRのdocomo向けモデル「XPERIA A」は既にバージョンアップが比較的早いうちに止まってしまっていることから、対象ではないと思われます。

 T-Mobile向けの「XPERIA Z1S」やVerizon向けにQiが追加された「XPERIA Z3v」といったマイナーなモデルでもアップデート対象に指名されているようですが、一方でKDDI向けモデルXPERIA ZL2(台湾版はZ2a)はそもそも名前が挙げられていません。

 なお、いつものことですが、これらはグローバルモデルの話です。グローバルモデルに対してアップデート提供が発表されたのに、日本キャリアの都合で国内モデルはアップデートの提供が遅延する・無くなるということも多々あるので、海外での朗報にあまり喜び過ぎないことも大切です。国内版のユーザーは気長に待つぐらいの気持ちが良さそうです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus