第三の自作スマホ 「PuzzlePhone」が産声

colorsOfPuzzlephone

 Project Ara、Vsennに続く、第3のモジュールフォン構想「PuzzlePhone」が登場します。

 これはスペインの技術者Alejandro Santacreuが設立した、フィンランドのスタートアップ「Circular Devices」によって開発されます。

 PuzzlePhoneは、3つの部品で構成されています。CPU・実行用メモリといったメインの電子部品を持つ「The Brain」、ディスプレイ、スピーカー、マイクを備えた「The Spain」、バッテリーは「The Heart」となっています。

backview

 調子が悪くなった場合、従来は端末ごと修理に出す必要がありましたが、PuzzlePhoneは調子の悪くなった部位のみを交換すればそのまま使い続けることができます。これらのモジュールはハードウェア開発者が自由に開発できるので、新たな市場を喚起できます。ちなみにこれらのモジュールはリサイクル可能な素材が用いられ、環境にも配慮している模様です。

 OSはオープンソース。当初はAndroidを使用しますが、将来的にはFirefox OS, Sailfish, Windows Phoneがサポートされることも示唆されています。

 PuzzlePhoneはミッドレンジの価格帯で2015年後半にリリースされる予定。モジュラーフォンはGoogleのProject AraVsennといったライバルが既にリリースに向けて準備中であり、競合することが予想されますが、どうやって差別化していくのか楽しみなところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus