NTTドコモ、受信時最大225Mbpsの通信サービス「LTE-Advanced」を3月27日から提供開始

premium4g

 NTTドコモは、かねてより2015年3月から提供予定としていた通信サービス「LTE-Advanced」を3月27日から開始すると発表しました。受信時最大225Mbpsは、現時点で同様の無線通信サービスとしては国内最速となります。

 LTE-Advancedは、第4世代移動通信システム(4G)と言われるシステムを利用したサービスで、「Xi」ブランドで提供されているLTEの発展規格となります。複数の周波数帯域を組み合わせて利用する「キャリアアグリゲーション(CA)」と呼ばれる技術によりさらなる高速化を実現すると共に、「高度化C-RANアーキテクチャ」によって通信する基地局を柔軟に組み合わせることで大容量化、混雑時の通信速度の安定化も実現しています。

 サービス開始時点での対応端末はHW-02G(発売中)とL-01G(3月発売予定)の2機種のモバイルWi-Fiルーターのみであり、また対応エリアは全国27市5区6町のみとなります。来年度には対応のスマートフォンを発売し、エリアも拡大、また300Mbpsまでの高速化も行うとされています。

 ドコモはLTE-Advancedを「PREMIUM 4G」としてプロモーションしていく模様です。他社が3.9Gの時点で散々「4G」のキーワードを使っているので、いまひとつインパクトが薄いような気もしますが……。通信の高速化はもちろん重要ですが、高速化によってユーザーが具体的にどのような恩恵を受けるかが鍵ですね。高速通信があってこそ実現できるプレミアムなサービスが提供されることにも期待したいものです。

(編集・校閲: 高橋ノゾム)

この記事にコメントする

comments powered by Disqus