ソニーのめがね「SmartEyeglass Developer Edition」が3月10日発売

img01

 SONYは透過式メガネ型端末「SmartEyeglass Developer Edition SED-E1」の発売をアナウンスしました。

 本機はスマートフォンと連携して、テキストや画像を視界に重ねて表示するメガネ型端末です。カメラ、加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス、照度センサー、マイクなどの各種センサーと、スマートフォン側のGPSを利用することができます。

img03

 製造や警備での現場に指示を与えるなどの用途にも適していますし、民生用にも様々な用途が想定されます。ただし昨年9月に発表されたはいいものの、アプリは揃っておらず、まずはアプリ開発者への販売からです。

 ホログラム光学技術による85%の透過性を持つ薄型レンズを搭載。カラーではなく単色表示を採用することで低消費電力ながらも高輝度を実現。優れた視認性を発揮します。

img02

 日本、アメリカ、イギリス、ドイツにおいて3月から発売。価格は日本円で税別10万円。Sony Developer Worldにて販売されます。個人・法人向けの一般販売は2016年内が想定されています。

関連:グーグルグラス、さよなら?

この記事にコメントする

comments powered by Disqus