「VAIO Phone」は「VAIOのスマホ」ではなかった?

VAIO-smartphone

 VAIO Phone(バイオフォン)は台湾Quanta製で、兄弟機にELUGA U2があることは既にお伝えしたとおり。VAIO Phoneの開発に関して、ジャーナリストの本田雅一さんがTwitter上で興味深いツイートをいくつかしていました。

 VAIO株式会社側から、ODM調達先のメーカーへのアドバイス等はされていたものの、あくまで日本通信の製品であることから、どのように製品に反映されていたのかをVAIO側は確認できていなかったそうです。

 日本通信は、VAIOロゴの入った黒い化粧箱のみを先行して発表し、話題となりましたが、これについてもVAIO側は把握していなかったとのこと。いっそ箱のままならよかったのに。

 また、VAIO Phoneの正式発表に際して、VAIOが作ったわけではないと断っていたものの、テレビ側はVAIOのスマホとして伝えたいと折れなかったそうです。

 VAIOは本来、高スペック・高付加価値・素晴らしいデザインを売りにするプロダクトです。しかし実際に、満を持して発表されたのがローエンドのELUGA U2の兄弟機、しかもデザインも大して変わらず、2万円以上高額となれば、誰も納得しないでしょう。なぜ日本通信に名義貸しをしてしまったのか、VAIO株式会社の判断ミスが悔やまれるところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus