Androidの次なるステージは家電へ IoT用OS「Brillo」発表。

vlcsnap-2015-05-29-06h02m36s154

  Googleは、開発者向けイベント「Google I/O 2015」にて、スマートホームを実現する家電用OS「Brillo」を正式発表しました。

 Androidベースでありながら、IoTに相応しいミニマルなサイズに機能は大きく削ぎ落とされています。

 IoT用コミュニケーションレイヤーとなるのが「WEAVE」。どれだけIoTが普及しようとも、共通のコミュニケーション言語がなければ連携がとれませんので、重要な取り組みです。

vlcsnap-2015-05-29-06h02m41s921

 開発者向けプレビューは、「Brillo」は2015年第3四半期、「Weave」は2015年第4四半期に登場します。

 腕時計、自動車、テレビにAndroidが入り込んだかと思えば、次は家電ということです。スマートフォンを通じて家電を制御したり、家電が自動的に設定を変えて動いてくれたり、という未来が着実に近づいていると言えます。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus