1600万画素静止画・FHD動画を容量無制限で保存可能な「Googleフォト」が本日リリース。これが無料!

google-photos

 5月29日、Googleは海外で開発者イベント「Google I/O 2015」を開催。新たなフォトストレージサービスとして、「Google Photos」が発表されました。各種モバイル端末から自動アップロードが可能。

 全ての写真と動画のホームとなるべく、アップロード画像の品質は最大1600万画素、動画は最大Full HDまで。大切な瞬間を捉えたファイルを簡単に、オートマティックに整理してくれます。

 アプリのUIは、ややiOSライクで、ピンチズームも可能。写真の複数選択と整理、アルバム作成も容易に。

vlcsnap-2015-05-29-07h27m23s556

 人や場所で写真を関連付けて整理。高度な顔認識技術を搭載しており、クラウドと連携し過去の写真まで横断。赤ちゃん時代から現在に至るまで、人物を時系列順に並び替えます。

vlcsnap-2015-05-29-07h30m52s273

 思い出をアルバムにしてくれるなど、画像を保存しておくには優秀すぎるクラウドストレージとなります。

 サービス価格は無料。保存可能な容量は無制限。サービス提供は本日より。対応プラットフォームはAndroid / iOS / Web。無料で無制限というところで、発表会の中で一番大きな拍手と歓声がわきあがっていました。

 競合のフォトストレージサービスを出し抜くポテンシャルを持っていると言えます。そして無料で提供する以上、世界中のユーザーからのフィードバックを受けて、この顔認識技術は、他社では到底追随不能な領域にまで磨き上げられます。

 さらにAndroidだろうがiOSだろうが、Googleのサービスを使い続ける限りは、このフォトストレージサービスはデジタルアルバムとして使い続けられるわけです。それこそ、子供のゆりかごから墓場まで?正直、今後かなりGoogleの強みとして成長していく可能性のあるサービスだと感じました。(これを見て、ドコモを解約したら消える『フォトコレクション』を大事な写真の保管場所にする人なんているのかなあ…)

この記事にコメントする

comments powered by Disqus