役に立たないエラーメッセージの新境地

windows10

 MicrosoftはWindows 10をリリースし、アップデートが順次ユーザーのもとに降ってきています。

 概ね好評である中、早速Windows 10に表示されたとあるメッセージが海外で話題となっています。

 それは「Something happened(何かが起きた)」と繰り返されるだけの意味不明なもの。そりゃ、何かが起きたのはわかりますが、それが何なのかを知りたいんですけどね。

 これを掲載した写真家のJonathan Timar氏は「Microsoftは役立たずのエラーメッセージの新しい標準を設定した、これが破られることはない」と皮肉を書き加えました。

 Windows 10はまだリリースされたばかりのOSですから、バグはつきものです。特に急ぎでなければ、じっくり見極めてからアップデートを適用しても遅くはなさそうです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus