米当局、Androidを独禁法違反の疑いで調査

android_mr_droid

 Bloombergは、GoogleのモバイルOS Androidが独占禁止法違反の疑いで調査が開始されたと報じました。

 Googleが自社サービスをAndroidプラットフォーム上で優先し、他社サービスを妨げているとして、連邦取引委員会と司法省が調査を行っている模様です。

 これらの調査はあくまで初期段階であり、独禁法違反として認定されずにこのまま調査が終了する可能性もあります。

 Androidの独禁法違反についてはEUやロシアも調査中です。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus