クアルコム、Snapdragon 820発表。オクタコアをやめる

 Qualcomm-Snapdragon

 Qualcommは、14nm FinFET製造のSnapdragon 820を正式発表しました。不評であったSnapdragon 810はオクタコアでしたが、S820は、4コア2.2GHzのCPU”Kryo”を搭載したSoCです。

 Kryo CPUとHexagon 680 DSPを搭載し、処理能力が向上。新たにAdreno 530 GPUを搭載することで、GPU処理能力はSnapdragon 810比で約40%改善されています。 

 X12 LTEモデムを内蔵し、下り最大600Mbps / 上り最大150MbpsのLTE Cat.12 / 13をサポート。免許不要のWi-Fi周波数帯も活用するVersatile LTE-Uも初めてサポートします。

 802.11adと802.11acによる複数Wi-Fi同時接続2×2 MU-MIMO(Advanced Wi-Fi)を実現することで、Mu-MIMO非対応の場合よりも2倍から3倍高速なWi-Fi通信を実現します。

 14bit Spectra ISP(Image Signal Processor)により、シャッターラグ無しの2500万画素撮影をサポートします。

 高速充電技術Quick Charge 3.0にも対応しており、Quick Charge 2.0に比して38%も高速な充電が可能です。

 サンプル出荷ではなく、製品に搭載されて実際に販売されるのは、来年になる見通しです。Snapdragon 810の汚名返上となるのでしょうか。注意深く見守りたいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus