クアルコム、ウェアラブル向けSoC、Snapdragon Wear 2100を発表

snapdragon wear 2100

 クアルコム(Qualcomm)は、ウェアラブル端末向けのSoC、Snapdragon Wear 2100を発表しました。CPUやGPUといった処理装置を初め、BluetoothやWi-Fiといった通信モデムも内蔵します。

 スマートウォッチで広く採用されているSnapdragon 400と比べ、30%の小型化、25%低消費電力化を果たしており、今後市場に流通するスマートウォッチの小型化や、バッテリーの持続時間の向上が見込めます。主な仕様は以下の通りです。

CPU ARM Cortex A7 クアッドコア
800MHz〜1200MHz
GPU  Adreno 304(ウェアラブル向けに最適化)
対応解像度   640 * 480
  内蔵モデム X5 LTEモデム(FDD・TDD LTE/1x Adv/EV-DO Rev,A/TD-SCDMA/GSM/EDGE)
 無線 IEEE 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.1 + LE
NFC 
 有線 USB 2.0 

 ウェアラブル端末向けに最適化されたSoCが販売されることで、より多くのメーカーから沢山のモデルが販売されることが見込まれます。2016年はより個性あふれたスマートウォッチが出てくるかも知れません。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus