Galaxy S8+のバッテリー、Galaxy Note 7と同じものであることが判明。

 Samsungの最新フラッグシップモデルGalaxy S8 / S8+の分解レポートを、修理業者iFixitが公開しました。

s8plus

 それによると、Galaxy S8+のバッテリーは、Galaxy Note 7のものと全く同じであったとのこと。

 Galaxy Note 7は、世界中で発火事故を起こし、リコール・販売停止となった欠陥モデルです。Samsungの調査結果によれば、発火原因はバッテリーにあったとされています。

 iFixitによれば、Galaxy S8+のバッテリーの電圧、容量、設計はGalaxy Note 7と同じであり、さらに製造メーカーもNote 7同様にSamsung SDIであったとのこと。バッテリーのデザイン、取り付け位置、隙間などもNote 7のそれと酷似しているようです。

 ただし、こうしたことがGalaxy S8+が爆発するということは意味しておらず、交換や修理は容易であると評価しています。

 Note 7の爆発事件以降、Samsungは8段階の品質保証テストを行うことを発表しており、