一般社団法人神社崇敬会、IoT化した「スマート神棚」と「神社SIM」を発表。複数SIMスロットで複数神社同時礼拝

zinja-sim_

 一般社団法人 神社崇敬会は、神棚ブランド「KITOKAMI」から、「スマート神棚」を発表しました。本機はコンセプトモデルですが、2018年以降に機能完全版のリリースを目指すとしています。

 「スマート神棚」は、電源供給装置と通信装置を内蔵した台座と、上部の社殿で構成。

 人感センサーと音声感知センサーを搭載。人が近づくと中央のLEDが白く発行し、通信の待機状態を通知。「二礼二拍手一礼」の礼拝が行われたことを検知するとLEDが緑色に点滅。礼拝情報は各崇敬神社に送信されるとのこと。神社は毎朝の朝拝などに利用するとしています。

 通信には御札型のSIMカード「神社SIM(仮)」を使用。デザインは御札を模しています。神社の護持運営のために、スマート神棚を通じて少額の課金を行うことで貢献できるとのこと。つまり神棚自体がハイテクお賽銭箱と化すわけですね。SIMカードは複数枚挿せるので、複数の神社に同時に礼拝情報を送信できるとしています。

 カラーバリエーションはシャイニーホワイトとスペースダークグレーの2色。

 なお、IoT機能を搭載しない新作神棚2018年モデルは、2017年6月中にクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて先行販売する予定とのこと。