「Core NFC」でiPhoneに何ができる?

iOS-11-Core-NFC-duo

 Appleは、モバイル決済システムのApple Payに、近接無線通信規格NFCを使用しています。NFCは、Near Field Communicationの略。2つのデバイスを近づけるとワンタップで通信ができる仕組み。

 これまで、iPhoneのNFCの使い道はApple Payに限定されていましたが、iOS 11以降の「Core NFC」により、この機能制限が解除され、iPhoneのNFCはアプリ開発者に広く解禁されます。各種サードパーティ製アプリが、NFCを利用した様々な機能を利用できる見込みです。

 現在、iOSの最新のビルドでは、NFCタグを読み取ることができるようです。アプリ起動中、NFCタグとの接触を起点に、様々な情報を表示することが考えられます。

 たとえば、消費者はリアル店舗の商品棚にある製品の、NFCにiPhoneをかざせば、その原産地や生産者、成分情報などをiPhoneの画面上に表示できる、といった用途が考えられます。

anti-counterfeiting-ios-11

 製造業者が工場の組立ラインから店内への配送まで製品を追跡するのを補助したり、在庫管理などにも利用できるでしょう。

 iPhone 6 / 6 Plus以降で搭載されているNFCですが、Core NFCが利用できるのは現時点ではiPhone 7 / 7 Plusのみ。さらにType 1からType 5までのNFCタグにのみ対応となっています。