OnePlus 5Tはどこが変わった?進化点・価格・発売日まとめ

「OnePlus 5T」発表

oneplus5t

 OnePlusは、新型スマートフォン「OnePlus 5T」を正式発表しました。

そもそもOnePlusとは

OnePlus-logo

 OnePlus社は、中国BBK傘下OPPOの子会社。OPPOはオーディオビジュアル機器やスマートフォンを製造しており、中国市場ではカメラスマホの代名詞であるOPPO Rシリーズを投入し、大きな市場シェアを占めています

 前モデルOnePlus 5も、OPPO R11をベースに、性能アップと素のAndroidに近いOxgen OSを搭載し、低価格で提供したため、世界中のギークから高評価を受けました。

5から進化した点はココ!

 OnePlus 5に、OPPO R11後継機のOPPO R11sの縦長ディスプレイ+背面指紋認証センサーを取り入れた改善モデルが、OnePlus 5Tです。OPPO R11sと同じく縦長18:9比率、解像度2160×1080の有機ELディスプレイ(Full Optic AMOLED)を搭載します。

oneplus5t

 OnePlus 5で前面に配置されていた指紋認証センサーは、背面へと移動しています。ついでに顔認証対応にも謳っていますが、赤外線センサーでも虹彩認証でもなく、単に顔のパターン認証なので、簡単に偽造で突破可能。大人しく指紋認証センサーを使いましょう。個人的には背面配置は正面配置よりも使いやすいです。

OnePlus-5T-fingerprint

 デュアルカメラは、望遠カメラ側のレンズF値もF2.6からF1.7に下がり、低照度撮影に強くなりました。

5から変わってないのはココ

 カメラは相変わらず光学式手ブレ補正非搭載。 USB Type-Cコネクタが実はUSB2.0というのも相変わらず。microSDカードスロットも非搭載。

 ただし、3.5mmオーディオジャックも依然として搭載。ここは安心できる点ですね。

スペック

 ほぼOnePlus 5と同じ。

OS Android 7.1.1, Oxgen OS
CPU Snapdragon 835 オクタコア
メモリ 6GB / 8GB
ストレージ 64GB/ 128GB
ディスプレイ 6.01インチ 有機EL 
FHD+(2160×1080)
カメラ 1600万画素 + 2000万画素
デュアルカメラ f/1.7
インカメラ  1600万画素, f/2.0
 バッテリー 3300mAh
寸法  156.1 x 75 x 7.3mm, 163g
その他  指紋認証センサー, イヤホンジャックあり

 カラーバリエーションは現時点ではミッドナイトブラックのみ。

なぜ「5T」なのか?

 なぜ末尾にTがつくのか?AppleのiPhoneは、改善モデルに「S」を付けます。アルファベット順で「S」の次に来るのは「T」です。たったこれだけの理由のようです。

 OnePlus 3にも、微改善モデルOnePlus 3Tがあったので、OnePlusの慣例と言えます。

Jelly Scrollは起きない

 OnePlus 5の悩みのタネがJelly Scrollでした。これはディスプレイパーツが逆向きに付けられたことにより、上からのレンダリングと下からのリフレッシュが噛み合わず、スクロールに違和感のある独特の「伸び縮み」が生じるというもの。これはアップデートで緩和はされたものの、やはり根本原因がハードウェアにあるので、完全に無くなったというわけではありません。

 xda-developersによれば、OnePlus 5Tのカーネルソースにはそもそもパネルが逆向きについていることを示すフラグが存在しないため、パネルが正常な向きに付けられていると考えられます。このことから、Jelly Scrollは起きない可能性が高そうです。

発売日

 米国での発売日は11月21日。

価格

 価格は6GBメモリ+64GBストレージモデルが499ドル。8GBメモリ+128GBストレージモデルが559ドル。

 ECサイトGearBestにて販売されます。

スターウォーズコラボも

 スター・ウォーズ:ラスト・ジェダイの映画放映に合わせ、OnePlus 5Tスターウォーズコラボ限定モデルが登場。背面はスターウォーズロゴ、サイドボタンは赤色に。スターウォーズコラボテーマも搭載されます。

 12月14日にインドで発売。