有機ELでサムスンにガッツリ依存するアップルの次の一手。次期iPhoneにカラフルな金属ボディ

iphone-2018-3models

 NIKKEI Asian Reviewは、台北の情報筋をソースとして、Appleが2018年に、次期iPhoneに3つの画面サイズのモデルを投入すると報じました。これはこれまでの噂を追認するものです。

 6.3インチモデルと5.8インチモデルが有機ELディスプレイを採用。そして6.1インチモデルが、液晶ディスプレイを採用するとのこと。

 全て有機ELにするのではなく、液晶モデルを残す狙いとしては、ライバルであるSamsungの供給する有機ELへの依存度を下げる狙いです。

 Appleは、LGにも有機ELを供給させる意向であると報じられており、今後もSamsungへの依存度は下げていく方向だと推測できます。

 このため、液晶ディスプレイを製造しているSHARPやJDIにとっては追い風と言えるでしょう。全面的に有機ELへの転換が起きると利益を失いますからね。

 また、6.1型液晶モデルは、ガラスではなく、金属筐体へと回帰。かつてのiPhoneのようなカラーバリエーションを有するとされています。iPhone 7は(PRODUCT)REDを合わせて計6種類のカラーバリエーションがありましたが、iPhone Xは2色、iPhone 8は3色に留まっています。色で敬遠してしまった消費者を、次期iPhoneで取り戻す算段なのかもしれません。

 金属筐体ということは、ガラス筐体の現行世代iPhoneよりかは修理費用も安くなると言ったことも考えられそうです。