ソニー、RX100M6を6月22日発売。新開発レンズで広角から望遠までカバー

sony-rx100m6

 ソニーは、サイバーショットRX100 VI(DSC-RX100M6)を正式発表しました。

 RX100シリーズとして初となる、新開発の「24-200mm F2.8-4.5ズームレンズ」を搭載。

rx100m6

 これにより、広角から望遠までをカバーします。

スクリーンショット 2018-06-06 13.24.03

 さらに200mmの望遠域において、4.0段分の補正効果を持つ光学式手ブレ補正機能を備えます。

Optical-SteadyShot

 現行のRX100Ⅴと同様に世界最速0.03秒の高速AFに対応。AF/AE追従最高約24コマ/秒の高速連写にも対応。イメージセンサーは引き続き1.0型積層型CMOS Exmor RS。画像処理エンジンはBIONZ X。最大40倍のスーパースローモーション撮影や、サイバーショット初の4K HDR撮影も可能。

 タッチフォーカス、タッチシャッター、シャッター音消去にも対応します。

 発売日は6月22日。予約受付は6月12日より。