アップルとクアルコム和解。Intelは5Gモデム撤退へ すまほん!!

 一連の訴訟合戦を抱えてきたAppleとQualcommですが、ついに全面和解しました。半導体供給契約を締結すると正式発表しています。ライセンス契約期間は6年。

 これにあわせて、直後、Intelが5Gモデムからの撤退を明らかにしました。

Sponsored Links

 Appleは、Qualcommとの特許紛争から、これまでのiPhoneのLTEモデムのサプライヤーとして選ばれていました。

 Appleは2020年にIntel製5Gモデム搭載のiPhoneを発売すると噂されていました。しかしQualcommから供給ができる今、もはやIntelから供給を受ける必要もないということでしょう。

 一時MediaTekがAppleに5Gモデムを供給する噂もありましたが、これもお流れになりそうです。

 既存の4G製品に対するモデム供給は当面継続するものの、2020年当初発売を予定したものを含む5Gモデム製品をスマートフォン分野で発売する予定はないとしています。

 Intelは今後5Gにおけるクラウド化についてはビジネスチャンスを見出しつつ、モデムビジネスについては先がないとしています。