アップルとクアルコム和解。Intelは5Gモデム撤退へ すまほん!!

 一連の訴訟合戦を抱えてきたAppleとQualcommですが、ついに全面和解しました。半導体供給契約を締結すると正式発表しています。ライセンス契約期間は6年。

 これにあわせて、直後、Intelが5Gモデムからの撤退を明らかにしました。

 Appleは、Qualcommとの特許紛争から、これまでのiPhoneのLTEモデムのサプライヤーとして選ばれていました。

 Appleは2020年にIntel製5Gモデム搭載のiPhoneを発売すると噂されていました。しかしQualcommから供給ができる今、もはやIntelから供給を受ける必要もないということでしょう。

 一時MediaTekがAppleに5Gモデムを供給する噂もありましたが、これもお流れになりそうです。

 既存の4G製品に対するモデム供給は当面継続するものの、2020年当初発売を予定したものを含む5Gモデム製品をスマートフォン分野で発売する予定はないとしています。

 Intelは今後5Gにおけるクラウド化についてはビジネスチャンスを見出しつつ、モデムビジネスについては先がないとしています。

こんな記事も読まれています

楽天モバイル、改めて「プラチナバンド再配分」必要性訴える

格安3万9800円(税込)のSIMフリー5Gスマホ!「TCL 10 5G」国内販売、まずは+Styleから

5Gミリ波/Sub6両対応、画面の中にインカメラ!? 注目機種「Rakuten BIG」をチェック

Apple、中国国内で出荷台数激減!5Gで巻き返しなるか?

中国5G通信ユーザー数5千万突破、基地局数19.8万

「macOS 11 Big Sur」とArmベース「Apple Silicon」発表!Intelから移行期間2年