OnePlus 6TにWindows10移植、PCゲームも動く

 AndroidスマートフォンOnePlus 6Tに、なんとWindows 10が移植され、動作する様子が公開されました。

 これはNTAuthorityが公開したもの。QualcommのSnapdragonプロセッサ対応のARM版Windows 10が登場したことにより、移植の道が開かれました。Pixel 3 XLにおいてもデモが披露されていましたが、さらにOnePlus 6Tにも移植した形。

Sponsored Links

 Windows 10の動作するOnePlus 6Tは、タッチスクリーンも正常に認識するのはもちろん、Chromeなどのアプリケーション、さらにx86エミュレーション互換性レイヤを用いPCゲーム「Call of Duty:Modern Warfare 2」まで動いています。

 Call of Duty:Modern Warfare 2は10年前に発売されたPCゲーム。OnePlus 6Tではさすがにローディングに時間がかかる上、10fps台を推移しており、ゲームをするのにあまり現実的とは言えません。しかしデモンストレーションとしては非常に興味深いですね。

 OnePlus 6Tは、2018年末に登場した水滴ノッチ・画面内指紋認証搭載のスマートフォン。SoCには昨年のハイエンドチップSnapdragon 845を搭載しています。