史上最大、iPhone 12 Pro / Maxの実行メモリは6GBに? すまほん!!

 Androidでは普通です。

 海外メディアMacRumorsは、2020年に発売される次期iPhoneには最大6GBのRAMが搭載される可能性が高いと伝えました。

 イギリスに拠点を置くBarclaysのアナリストであるBlayne Curtis 氏が、アジアにあるAppleのサプライチェーン関係を調査した結果、次期iPhone「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」は6GBのRAMを搭載する可能性が高く、前モデルの「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の4GBから強化されるということです。

Sponsored Link

 さらに、同氏は「iPhone 12 Max」と「iPhone 12 Pro Max」の二機種は背面に3Dセンサーを搭載し、高速通信のできる5Gのミリ波にも対応するという予想もしています。

 6GBのRAMが搭載されるのは上位モデルにあたる「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」だけで、標準モデルの「iPhone 12」は「iPhone 11」と同じ4GBのRAMになるとのこと。

 同アナリストは標準モデルの「iPhone 12」も5Gに対応するという予想をしているものの、ミリ波に対応するのかサブ6GHz帯の5Gに対応するのかといったことは明らかになっていません。

 「iPhone 11 Pro / 11 Pro Max」の実行メモリの容量に関しては、4GBなのか6GBなのか以前情報が錯綜していましたが、MacRumorsの記事は4GBの実行メモリ搭載であることを前提として書かれています。実際、TENAAや米英キャリアはiPhone Proの実行メモリを6GBと表記していましたが、これまでに6GBメモリを搭載したiPhoneの実機は発見されていません。

 今回の情報が真実であれば、iPhone 12 Pro / MaxはiPhone史上最大の実行メモリを持つことになります。

Sponsored Link

 なお、Android端末では、ハイエンドモデルにおける実行6GBメモリの搭載は当たり前となっています。また、iPad Proにおいても既にストレージ1TBモデルは実行6GBメモリを搭載済み。

 いずれにしても、 次期iPhoneの上位モデル「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」は、通常モデルの「iPhone 12」よりは強化された端末になりそうですね。「iPhone 12」シリーズは例年通り、来年の9月に正式発表されるとみられています。

docomoオンラインショップ auオンラインショップ SoftBankオンラインショップ
スマホで予約、自宅に届く。iPhone購入はオンラインショップで。(解説