「Galaxy Note10 Lite」の仕様が判明。Note 9と同じSoCを搭載? すまほん!!

 連邦通信委員会(FCC)は、SM-N770Fという名称で開発されているGalaxy Note10 LiteのSペンの認証情報を公開しました。

 FCCのドキュメントによると、このSペンはBluetooth通信機能及びジャイロセンサーを内蔵しており、Note10/10+のようにARアクションが使える可能性が高いことがわかります。

 また、Galaxy Note10 LiteがGeekBenchにおいて発見されました。この情報によると、SoCはGalaxy S9やNote9と同じ「Exyons 9810」が搭載されており、実行メモリ(RAM)は6GBを搭載します。OSはAndroid10を実行しています。

Sponsored Links

 91mobilesは最近、Galaxy Note 10 Lite、Galaxy S10 Lite、Galaxy A51が12月に発売されるとの噂を伝えています。

 Note 10 Liteは、ヨーロッパで12月5日におよそ9万2千円で発売されるとのこと。(なおヨーロッパは付加価値税の影響で値段が高くなる傾向があります)

 まだ確実なリークは少ないですが、12月に発売されるとなると、今後さらなるリークが出てくると思われます。廉価版Galaxy Noteは新たなユーザーを生み出すことなできるのでしょうか。