新型コロナ接触アプリ「COCOA」がアップデート。主要なバグが修正される すまほん!!

 厚生労働省の「新型コロナウイルス接触確認アプリ COCOA(COVID-19 Contact-Confirming Application)」のアップデートが提供開始されました。App Store / Google Playストアにて確認できます。

 6月19日の公開当初、バージョン1.0で公開されていましたが、現在のバージョンはiOS / Android版ともに1.1.1。

 誤ったアプリ利用開始日が表示されるバグが改善されているほか、HER-SYS発行陽性者処理番号入力欄に架空の番号を入力すると、実際には受付されていないのに「完了しました」と表示されてしまうバグも修正されています。

 今後の処理番号の発行は、利用者の修正版への更新が進んでから開始予定で、期日は改めて告知するとしています。

 また、利用規約に同意後アプリを終了すると、プライバシーポリシー同意を飛ばせてしまうバグについても修正がなされました。

 そのほか、細かい部分ですが、筆者の手元のAndroid機でメニュー項目を何度か遷移していると若干表示がコマ落ちするような場面がありましたが、それも改善されているように見えます。

 本アプリはアプリストアで一般公開済みですが、6月19日の公開から1か月間は試行版と厚生労働省は位置付けており、7月20日以降が正式運用開始ということになります。