米政府、中国アプリも全面排除「Clean Network」発表。Huawei以外の中国メーカーのGMSインストールが禁止される可能性も? すまほん!!

 米国政府は、「中国共産党などの悪意のある攻撃者から市民のプライバシーと企業の機密情報を守るトランプ政権の包括的アプローチ」として「Clean Network Program」を発表しました。

 これはHuaweiやZTEを排除する5G Clean Pathイニシアチブを拡大したもの。今後は5G以外の通信キャリア、クラウドサービス、海底ケーブル、アプリ、アプリストアにも適用されます。

 この計画は、中国携帯キャリアの米国からの排除、米国のアプリストアから中国アプリ排除、中国製のスマートフォンへの米国製のアプリプリインストールの禁止、中国のクラウド上への米国市民のデータ保存を制限、海底ケーブルからの中国の攻撃の阻止といった5つから成ります。

 米国務省Mike Pompeo国務長官は、記者会見にて、中国製アプリはアメリカ市民の個人データに対する重要な脅威であるとし、スパイや検閲から守ると語り、TikTokやWeCahtなど信頼できない中国アプリを排除する方針を示しています。

 HuaweiはGMSなどGoogleのソフトウェアを既に利用できませんが、こうした規制がOPPOやXiaomiといった他の中国メーカーにも拡大し、影響を及ぼす可能性もあり、今後の注視が必要です。

 無視できないのが中国巨大ゲーム企業Tencentの存在。PUBGやCoDなど人気タイトルのモバイル版はTencentによるもの。他の有名PCゲームも、Tencent傘下・出資の企業によるものが複数あります。それらもストアから排除されることになるのでしょうか?かなり影響が大きいです。

 ただし重要なことは、この計画の技術的詳細や立法技術について曖昧であるということ。トランプ政権は選挙を控えており、対中強硬姿勢を見せることで選挙を優位に進めるためのポーズなのか、どこまで実行されるのか、注目です。

こんな記事も読まれています

噂:次期iPhone SEは2022年に発売か

追記あり:ドコモ、通話込20GBで2980円/月の激安プラン。サブブランドではなく、まさかの「メインブランド」で?―国内報道

Honorも折りたたみスマホ参入!?「Magic Fold」「Magic Wing」を商標登録

アハモ値下げ、「通話定額込」はそのまま―テレビ朝日報じる

SoftBank Air、5G対応でOPPO製に。「月月割」適用可