噂:「iOS 15」でiPhone SEやiPhone 6sシリーズのサポートが終了か? すまほん!!

 Appleは来年のiOS 15で、第1世代iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plusのサポートを終了する予定であるとThe Verifierが伝えています。

 メジャーアップデートが停止され、セキュリティーアップデートのみに制限されるため、iOS 14が最後のメジャーアップデートであることが見込まれます。

 2015年9月にiPhone 6sとiPhone 6s Plusが発表され、2016年3月に第1世代iPhone SEが発表。4年以上に渡ってAppleからiOSのアップデートが提供されました。

iPhone 6s

 ですが、スペック面で古いバッテリー、現在のニーズを満たすことのできないカメラ性能やA9チップセットなど、Appleとしては新しいiOSのアップデートを停止することで新しい機種に買い替えさせる起点にもなります。

 Appleは今年iPhone 12 miniや、第2世代のiPhone SEなどiPhone 6sや第1世代iPhone SEなどのデザインに似た最新の機種を発売。第2世代のiPhone SEは大きさの面でiPhone 6sとほぼ同じであるにもかかわらず、A13チップセットを搭載しています。iPhone 12 miniは端から端まで広がる大きな有機EL液晶を搭載していて、最新のA14チップセットと超広角カメラと広角カメラを搭載しています。

iPhone 12 mini

 iOS 15でどのような機能が搭載されるかは不明。iOS 14のアップデートは、ウィジェットの追加やピクチャ・イン・ピクチャ機能の実装など、とても良いアップデートであったと感じており、iOS 15で何が搭載されるのか気になるところです。