パナのVR眼鏡は「5K・6DoF対応」、PC接続時はSteamVR利用可能! すまほん!!

 CES 2021にて、Panasonicは小型・軽量・高性能のスタイリッシュな「VR Glasses」を発表しました。

 VRヘッドセットは頭部に装着する大型の製品が多い中、本機は眼鏡のように手軽に装着できる軽量な筐体が特徴(重量非開示)。これにより長時間着用が可能。

 パンケーキレンズの専用設計マイクロOLEDパネルで、両目をあわせた解像度は5K。独自の信号処理・光学技術でHDR対応を実現。音響はテンプル内蔵高音質スピーカシステム。

 頭に追従するだけの3DoFではなく、上下左右前後まで検知する6DoFに対応。IPD及び視度調整機構も搭載。

 5G対応のAndroidスマホと連携できるだけではなく、PC接続してSteamVRも利用可能。まだまだVRのリッチな表現をフルに楽しむにはハイスペックなPCが必要な現状。VR対応タイトルも多数抱える世界最大のPCゲームプラットフォームに公式対応を謳ってくれるのは心強いところ。

 さらにゴーグル内のカメラセンサーで周囲を把握するInside Out方式のため、ベースステーション等の設置が不要。マジか?ってぐらい充実の仕様です。絶対高そうですが、一般販売お待ちしてます!