「wena 3」で紛失防止機能「MAMORIO」利用可能に! すまほん!!

 Sonyのウェアラブル端末「wena 3」に、ソフトウェアアップデート「バージョン1.61JP」が配信開始されました。製品上の日付表示の不具合やiOS端末との接続性向上、MAMORIO対応が行われます。

 wena3アプリをアップデート後、アップデート適用画面が現れます。ここからwena3本体をアップデートします。

 wena 3を紛失しないよう、wena 3自体をMAMORIO紛失防止デバイスとして扱うことができます。設定は以下の通り。

  • wena 3アプリ→メニュー→デバイス設定→MAMORIO設定→MAMORIOを有効化する

 筆者の場合、「通信エラーが発生しました。接続を確認して下さい」とのエラー表示が出ました。このままだと、いくらMAMORIOアカウントを作ってMAMORIOアプリからwena 3を探しても見つかりません。

 これはwena 3アプリがアカウントからログアウトされてしまっていたのが原因でした。再度wena 3アプリから「Sonyアカウント or Apple ID or Facebookアカウント」にログインすれば、MAMORIOの有効化が可能となります。

 wena 3アプリでMAMORIOを有効化した後は、MAMORIOアプリから、Bluetooth接続中のwena 3をMAMORIOとして認識できます。

Sponsored Link

 MAMORIOはGPSではなく、Bluetooth Low Energyを使い、一定距離が離れた時に通知してくれます。本来は財布や鍵など大事なものに使います。置き忘れた時点での場所をスマートフォンに通知してくれるので、紛失を防止でき、高級時計を使っていても安心感が増します。たとえば電車内や駅で落とすと、MAMORIO Spot対応の鉄道会社の忘れ物センターなら、どこに取りに行くべきかわかります。なかなか優れもの。

(忘れ物センターにMAMORIO Spot対応済みの事業者)

 「そもそも腕時計を外で外さないから紛失機能なんて要らないだろう」という声もありそうですが、MAMORIOの紛失防止機能は、そのまま忘れ物防止機能としても使えるのが美点

 時刻表示や健康管理だけではない、鍵や決済まで兼ねるwena 3は、肌身離さず付けるもの。筆者はGalaxy Z Fold2などFeliCaのないグローバル機を使っているので、家から出た後、駅の近くで「あっ、wena3忘れた、電車に乗れない……」と気付いて家に急いで戻る、悲惨な事態も経験しています。MAMORIOを有効化すれば、そういう事態をしっかり未然に防止できるというわけです。wena 3をフル活用するなら是非使いこなしたいところですね。