realme GT 正式発表!SDM888、タッチサンプリングレート360Hz すまほん!!

 中国メーカーrealmeから、最新スマホrealme GT 5Gが正式発表されました。realme GTは、最新チップSnapdragon 888を搭載するフラッグシップスマホ。本体価格2799元、日本円で約4万6000円で購入できる非常にコストパフォーマンスに優れたスマートフォンです。

 最新チップを搭載するスマホとしては、安価なスマホですが、realme GTは65Wの急速充電に対応し、120Hz駆動のディスプレイを備えておりトレンドはしっかりおさえています。

 realme GTのディスプレイは6.43インチ(フルHD+)の有機EL。リフレッシュレートは120Hz。タッチサンプリングレートは360Hzとなっています。タッチサンプリングレートは1秒間に何回のタッチに反応できるかを示したもので、レスポンスを重視するFPSなどのゲームでタッチサンプリングレートの違いが表れます。参考までにゲーミングスマホのROG Phone 3のタッチサンプリングレートは、270Hzとなっておりrealme GTはそれを上回る性能をもちます。

 背面カメラは6400万画素のメイン、800万画素の超広角、200万画素のマクロのトリプルカメラ構成。コストを抑えるためか、望遠カメラは省かれています。

メインカメラ作例

 インカメラでのナイトモード撮影にも対応。

 バッテリーは4500mAh。その他スペックは以下の通り。価格は以下の通り。

  • realme GT 5G(メモリ8GB、ストレージ128GBモデル): 2799元(日本円で約4万6400円)
  • realme GT 5G(メモリ12GB、ストレージ256GBモデル): 3299元(日本円で約5万4700円)
OS Android 11, Realme UI 2
SoC Snapdragon 888
メモリ 8/12GB LPDDR5 
容量 128/256B 
画面 6.43型(1080 x 2400)
カメラ 6400万画素+800万画素+200万画素
インカメラ 1600万画素
電池 4500mAh
寸法 158.5 x 73.3 x 8.4 mm,186g
その他 65W急速充電・タイプC、イヤホンジャック

 realme GTは長時間使っていても、本体が熱くならないように放熱設計されています。ディスプレイ・バッテリー性能も高いのでゲーミングスマホとして購入するのも良いかもしれません。

中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) AliExpress Global Geekbuying(解説)

こんな記事も読まれています

Realme X7 Max 5G 正式発表。Dimensity 1200搭載、50W急速充電対応

噂:INFOBARの深澤直人デザイン。realme GT Master Editionのレンダリング画像がリーク

realme GT NEO 2発表。8層放熱板、スナドラ870搭載

realme 8s 5G 正式発表。Dimensity 810搭載

Realme X7 MAX 5G 仮発表。爆コスパなRealme GT Neoのインド版

realme GT Master Editionシリーズ正式発表!INFOBARの深澤直人デザイン

「realme Pad」正式発表。MediaTek Helio G80搭載の安タブ