「約3.5万円(税込)」廉価機でも1億画素、120Hz駆動!シャオミ、「Redmi Note 10 Pro」で日本の「ミッドレンジを再定義」と気を吐く すまほん!!

 Xiaomiは2021年3月31日、日本国内向けに「Redmi Note 10 Pro」を発表しました。発売日は4月16日。価格は3万4800円(記事中税込み)。販路はAmazonなど各種ECサイト、MVNO、家電量販店。

ブランドロゴ刷新

 Xiaomiは昨日、四角形だったロゴを丸みを帯びたブランドロゴへと刷新、中心のMiタイポグラフィーもリデザイン。

(昨日のXiaomiグローバル発表会より)

 デザイナーは武蔵野美術大学教授・日本デザインセンター代表取締役社長の原研哉氏。デザインコンセプトは「Alive(生命)」。日本は重要な市場であり、新しいロゴは日本でも展開してくとのこと。

シャオミ「ミッドレンジスマホを再定義」

 Xiaomiの中核となるスマホとAIoT。これを適正価格で広げていくとします。Xiaomi AIoTプラットフォームに接続されたIoTデバイス数は3.25億台。Redmi Noteシリーズは世界累計販売台数2億台を突破。2020年世界上位スマホ15機種のうち、4機種がRedmiであったとのこと。

 Redmiの顧客への約束が、プレミアム端末を手頃な価格で全ての顧客に高品質に届けること。日本では2021年、日本のスマホ市場を再定義していくと意気込みます。

 2021年、まず初のFeliCa搭載スマホ「Redmi Note 9T」で5Gスマホを再定義。同時に投入した「Redmi 9T」はAmazonスマホ売れ筋ランキングで1位を獲得。そして本日発表の「Redmi Note 10 Pro」で、ミッドレンジを再定義。

Redmi Note 10 Pro

1億画素カメラ搭載

 廉価スマホながらも1億画素カメラを搭載。1/1.52型センサー、9in1ピクセルビニングにより、0.7μmの画素を隣接9画素まとめて2.1μmの1画素として扱い、 これにより多くの光を取り込みます。

 コンピューティショナルフォトグラフィーにより強力な夜景を実現するRAWマルチフレームナイトモード2.0や、写真のISOを適切に選択するデュアルネイティブISOに対応。さらに6つの長時間露光モードに対応、個性的な写真撮影が可能。

 1億画素以外にも、望遠接写(テレマクロ)カメラや超広角カメラ、ポートレートモードのボケに活用する深度センサーも搭載します。動画についてもクリエイティブな機能を提供します。

ディスプレイ

 ディスプレイは120Hz駆動の有機EL。高いリフレッシュレートにより滑らかな表示を実現します。目が疲れにくい色で閲覧できる読書モード3.0にも対応します。

 ゴリラガラス5により耐久性を確保。パンチホール穴はRedmi史上最小となる2.96mm。

デザイン

 指紋認証は側面配置。スピーカーはデュアルで、3.5mmイヤホンジャックあり。カラーバリエーションはグラディエントブロンズ、グレイシャーブルー、オニキスグレーの3色展開。

性能

 読み書きがUFS2.1より100%高速化されたUFS2.2 128GBストレージを搭載。SoCはSnapdragon 732G。

 33W急速充電に対応、同梱の充電器で利用できます。30分で59%充電可能。

OS Android 11/ MIUI 12
CPU Snapdragon 732G
メモリ 6GB LPDDR4X
容量 128GB, UFS2.2
画面 6.67インチ AMOLED
ゴリラガラス5
カメラ 1億800万画素広角
500万画素テレマクロ
800万画素超広角
200万画素深度
インカメラ 1600万画素, f/2.45
電池 5020mAh  33W 急速充電
寸法 164 × 76.5 × 8.1mm, 193g
その他 デュアル NanoSIM, IP53
4G FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66
TDD-LTE B38/40/41(2545-2650MHz)
3G WCDMA B1/2/4/5/6/8/19

 なお質疑応答によれば、MIUIにはセカンドスペースというプライバシー機能が存在しますが、本機は非対応とのこと。非対応の理由については、ユーザー体験による機能取捨選択、内部ストレージ最適化といった要因があるようです。

 グローバル版との違いについては、日本周波数帯対応やフィールドテスト、日本向け充電器同梱、APN追加、緊急地震速報対応など。その他の質疑応答は以下より。

総評

 残念ながらFeliCaには非対応でしたが、他の仕様は充実。1億画素カメラと120Hz駆動が国内で3万円台半ばの機種に降りてきたというのは衝撃的ですね。

 国内トップのAndroidメーカーと言えばSHARPですが、スマホの必要十分を定義すると謳うのが、AQUOSを代表するヒットシリーズ「AQUOS sense」。Xiaomiの「ミッドレンジを再定義」も、そこへの挑戦心を感じなくもないフレーズです。最近はOPPOもSIMフリーで攻めてきましたが、Xiaomiのさらなる躍進も期待できそうです。

販路

 各販路で順次取り扱い、Amazonなどでは既に予約受付を開始しています。

イオンモバイルを契約する
AEON MOBILE
IIJmioを契約する
IIJmio
BIGLOBEモバイルを契約する
BIGLOBE mobile