噂:Apple Watchは2022年以降に血糖値や体温測定に対応、さらに頑丈な新モデル登場か?ブルームバーグ報道 すまほん!!

 Bloombergは、今後登場する未発表Apple Watchの仕様や機能について報じました。Mark Gurman氏とDebby Wu氏の記名記事。前者は特にApple未発表製品情報について高い的中精度を誇る記者です。

 今回報じられたのは、2021年に登場すると見られるApple Watch Series 7と、2022年の登場が予定される新しいモデルについての情報。

 Apple Watch Series 7には、アップデートされたプロセッサやUWBサポート、ディスプレイなどの搭載が計画されているとのこと。

 特にディスプレイについては、カバーガラスとの距離を近づける新しいラミネーション技術と、ベゼルの薄型化がテストされている模様。Watch本体は若干厚みが増す可能性があるものの、ユーザーが気づくほどではないとしています。

 また、Series 7で目指されていた体温測定機能の搭載は2022年に延期された可能性が高く、以前から噂されていた血糖値の測定機能についても実用化に数年かかると見られているとのことです。

 血糖値の測定は他社も未だに実現できていませんが、体温の測定についてはFitbit Senseや先日発表されたHUAWEI WATCH 3などが皮膚温ではあるものの対応済み。AppleもSeries 7で実装できそうな気はしますが、完成度を高めるためにあえて延期にしたのでしょうか?

 さらに2022年には、Apple Watch SEの後継機に加え、エクストリームスポーツ向けの新モデルが登場する予定だといいます。

 後者はApple内部で「explorer」または「adventure」エディションと呼ばれており、GarminやCASIOと競合する頑丈な製品になるとのこと。

 なおBloombergは、これらのApple社の計画はまだ確定しておらず、変更される可能性があるとも述べています。