AQUOS R6から考える、今後のスマホカメラ進化の方向性。 すまほん!!

画像2

 スマートフォンとして最大級の1インチセンサーを搭載したことで世界に衝撃を与えたSHARPのAQUOS R6

 一般的にカメラのセンサーは大きければ大きいほど受け取れる光の量が多くなり、階調豊かで美しい写真が撮れるようになります。

 しかし、その一方でコンパクトなスマートフォンに搭載されるカメラはサイズの制約上、巨大なセンサーを搭載するのは非現実的です。

 そんな中、SonyのRX100シリーズといった高級コンパクトデジカメや最新ドローンと同じサイズのセンサーを搭載したAQUOS R6は革新的な存在です。

明らかに異質なAQUOS R6のカメラ

 AQUOS R6を手にすると当機のカメラは他のスマートフォンのカメラと比べると極めて異質であることがすぐに分かります。

 昨今のスマートフォンのカメラは何も考えずにシャッターボタンを押せば綺麗なSNS映えする写真が撮れます。一方でAQUOS R6のカメラは同じくきれいな写真が撮れますが、1インチセンサーでピンぼけしやすいためかAFは緩慢としており、撮れる絵もSNSでウケるような高コントラスト高彩度なものではなく、淡くて空気感のある絵となっています。

 AQUOS R6のカメラはインスタントにイイねがたくさんもらえる最近のスマホカメラではなく、どちらかというと一枚一枚腰を据えて写真と向き合ってシャッターを切り、それでいて写実的でリアリティのある絵が撮れるカメラであり、まさしくライカ的なカメラだと私は感じています。(詳しくは私のAQUOS R6のカメラレビューや、弊誌カメラレビューの記事をご覧ください)

AQUOS R6のカメラは大衆向きではない

 そんな明らかに異質なAQUOS R6のカメラが果たしていいのかわるいかは人によりますが、残念ながら万人に受けるものではないだろうと思います。

 AQUOS R6のカメラはライカコラボに恥じない素晴らしいものです。

 しかし、「いいね」が重視される情報過多の社会となってしまった今、世間一般で求められているカメラは様々な投稿に埋もれずにひと目で目を引き、いいねがもらえるカメラです。それも特段知識がない状態でもそんな写真が撮れるカメラです。

 そのため、最新の各スマホで撮れる写真は彩度やコントラストが高い絵作りだったり、超広角レンズやペリスコープレンズ等を使ったひと目で目を引く画角となっています。

 写真のあり方を再度問うライカのやり方は個人的には歓迎したい。しかし、このアプローチはカメラファンやヘビーユーザーを中心としたニッチ層にはウケるかもしれませんが、決して大衆向きとはいえないでしょう。

今後のスマホカメラはソフトの進化が求められる

画像4

 改めて言いますが、スマートフォンという小さいディスプレイの中で写真が大量消費される現代において、スマホカメラに求められるのは誰でもシャッターを切るだけでSNS映え写真が撮れることです。

 そのようなスマホカメラを実現するにあたって、いくら画質が良くなるといえども、以下のような実用上のデメリットがあります。

  • ピント面がシビアでそのぶんAFも遅くなる
  • 実焦点距離が大きくなるのに伴って最短撮影距離が伸びてしまう
  • 薄型レンズの設計上どうしても広角な画角となってしまう
画像7

レスポンスが悪いのが原因かピンぼけ+ブレてしまった例、AQUOS R6で撮影

 1インチセンサーはオーバースペックで、趣味の領域に入っている部分があります。コンパクトな筐体に誰でも扱いやすいカメラを詰め込むとなると、一般的なスマホカメラぐらいが丁度いいはずです。

 そのため、今後のスマホカメラの進化はセンサーサイズを大きくするといったハードウェア的な進化ではなく、イメージセンサーから伝わってくる情報をいかに美しい写真に仕上げるかというソフト的な進化こそが求められていると思います。

画像6

輝度差の激しいシーンでもHDRが効いている例、iPhone 12 miniで撮影

 幸いにも高度なDSP/ISPをも内包するモバイル向けSoCは、年々より高速で賢くなりつつあります。光学的なハードウェアを強化することも必要ですが、ハイスペックなSoCという専用機のカメラにはない強力な武器を持っているスマホカメラはそれを活かす方向への進化こそがこれから進むべき方向だと私は感じます。

NTT docomoの最新端末をチェック。
ドコモオンラインショップ
SoftBankの最新端末をチェック。
SoftBankオンラインショップ

関連: