日本人のために小型軽量化!中国から「スイッチ並」小型ゲーミングPC「ONEXPLAYER mini」殴り込み すまほん!!

 Windows入ったニンテンドースイッチやん!

 中国の新興PCメーカー深センOne-Netbook Technology(壹号本科技)社は、新製品「ONEXPLAYER mini」を日本で正式発表しました。発表会主催は同社の国内正規代理店を務める株式会社テックワン。

原神をイメージしたコスプレをして「ONEXPLAYER mini」を持つタレントの竹内佳菜子さん

 驚くべきはその小ささ。前モデルは高性能ながらも、8.4型と大きく重量820g(貸与試作機実測で828g)と正直「デカくて重い」が本音。

左:ONEXPLAYER, 右:Nintendo Switch レビュー記事

 しかし今回新発表のONEXPLAYER miniは、なんと7型で重量は589gと一気に軽量化

待望の「mini」 上:ONEXPLAYER, 下:ONEXPLAYER mini

 Nintendo Switchに迫る小ささ。そしてベゼルレス。でもWindows 11でIntel 第11世代Core i7-1195G7を搭載します。

正面から見た時のサイズ感がグッと近くなった 上:ONEXPLAYER mini, 下:Nintendo Switch

 あのSteam Deckよりも大幅に小型。重量も軽いです。

Steam Deckは十字キーやXYABボタンが上部に寄り横長になってしまっている。重量は670g

なおNintendo Switch OLEDは420g

 なぜこんな「mini」モデルを出してくれたのか?実は日本人ユーザーから多くの要望が寄せられたためとのこと。なんと俺たちのためだった。

One-Netbook社長 Jack Wang氏

 半年以上の試行錯誤を経て困難な製品開発過程を克服、本日新製品としてお披露目することができるといいます。

 かくいう当初は、試作初号機は650gと重かったとのこと。

 しかし目標ライン「600g」以下を達成すべく、研究開発部隊は「軽量化」計画を実行。信頼性と耐久性を繰り返しテスト。様々な改善を加えました。

 まず軽量化。サウジアラビアSABIC製の高品質素材により、強度を確保しながら上下の厚さを1.3mmに抑えることに成功。

 続いて金型にホットランナーデザインを採用、そして深センでも多く見られないJSW製高速射出成形機を導入。miniの筐体改善のため全力を尽くしています。

 さらに電池セルの材料を改良し、正極に従来の4.4V材料よりも容量の大きい4.4V LC95Xタイプのコバルト酸リチウムを使用、全体容量で1%増加。負極は粒径の小さく比表面積の大きいQCG-H2採用により、負極表面とコーティング処理で急速充電性能を高め、材料限界で3C充電が可能とのこと。

なお本機は100W急速充電を達成、20分で50%まで充電が可能。動画再生8時間、原神プレイで2時間程度の本機だが急速充電なら快適に利用できそう

 同時にセパレータ素材もポリエチレン製からセラミック+ゴム製に変更することで、熱収縮への耐性と小型化を両立、電池セルエネルギー密度の向上、軽量化、耐久性向上を実現しているとのこと。

 数々の研究開発努力で589gを達成、しかし小型軽量でも性能は強力。最大駆動周波数5GHz、4コア8スレッドのIntel最新省電力CPU Core i7-1197G7を搭載。グラフィックはGeForce MX350に匹敵するIntel Iris Xeコア。

画面比率は最近対応タイトルも増えつつある16:10。8.4型モデルよりも解像度を抑え、リッチなタイトルをプレイするにあたってのバランスは良くなっているように思える。

ヘビーユーザーginger氏による実機での実演。スマホ、PS4から入った原神。PS4と遜色ない画質、より快適にプレイできるという

各種ゲームタイトルとフレームレート。1280×800解像度で計測

ゲーム機と比べて握りやすく手に馴染む厚みや素材で、安定するとして操作系を高く評価。ファン音は8.4型より小さいという

 ポリカーボネートとABSで軽量な筐体を実現しつつ、UL94 V-0の高い難燃性を確保、表面はマット素材で上質。フォースフィードバック、つまり振動にも対応。音響はスピーカーの素材変更で低音域に改善が期待できるようです。エルゴノミクスデザインを取り入れるほか、ALPS製の高品位なジョイスティックも採用しています。

 なお冷却ファンは2基だったのを1基にしており静音化を実現。それでも十分な排熱を確保しているといいます。

2022年春以降登場予定のドッキングステーション、eGPUボックスにも対応。8.4型にあったキーボードカバーもBluetooth接続方式でmini向けに登場予定

 このほかカスタマイズ、ゲームソフト最適化、ファンや消費電力の制御の可能なソフトウェアを開発中で、ONEXPLAYER全機種で利用可能予定。提供見通し時期は2022年1月、2月以降。

 発売日は2022年1月下旬。本日より予約受付を開始。価格は予約特別価格にて13万9590円から。

  • One-Netbookストア  クーポンコード2000円分:PVXQ4L4YRX(2021年12月30日まで有効)

 「とはいえ鞄に入れて持ち運ぶと重量と大きさ、そこまで気にならなくない?」「家で使うなら大きいほうがいいよね」という人に。8.4型大画面のONEXPLAYER従来機種もパワーアップして登場。AMD Ryzen7 5700U/4800U搭載モデルが発売。なお数量限定デビュー価格で4800Uモデルが16%オフの12万9980円。発売日は12月18日。

 同日、One-Netbook A1 Proも発表されたほか、OneMix4 鯉エディションも改めてお披露目されたました。