iQOO 9 / Pro発表。Snapdragon 8 Gen 1搭載、150°超広角カメラ搭載 すまほん!!

 中国VivoのサブブランドであるiQOOから、フラッグシップスマホの「iQOO 9/9 Pro」が発表されました。iQOOはゲーミングスマホを扱うブランドではありますが、フラッグシップのiQOO 9/9 Proは一目でゲーミングとは分からない上品なデザインに死角のない強力なスペックを備えるスマホです。

SoC・排熱性能

 iQOO 9と9 Proは、ともにSnapdragon 8 Gen 1を搭載。Armv9アーキテクチャを採用する新しい世代のSoCで、AnTuTuベンチマークでは驚異の100万点越えを実現しています。

 しかしその反面、消費電力や爆熱が問題視されており、適切な熱処理ができていないと処理性能が大幅に下がってしまいます。しかしiQOO 9 / 9 Proは4層の異なる放熱板によりSoCの熱を本体上部から下部へと均等に拡散させることができるとしています。

ディスプレイ

 ディスプレイは両者とも6.78インチの有機ELディスプレイや、Vivo独自のディスプレイチップを搭載。最大輝度は1500nits、リフレッシュレートは120Hzまで対応。iQOO 9 Proのディスプレイはコンテンツによってリフレッシュレートを自動で調節するLTPOに対応していますが、好みの分かれるエッジディスプレイである点は注意が必要。

 タッチサンプリングレートはかなり高い300Hz。一方、昨年1月に発表されたiQOO 7はディスプレイの一部のタッチサンプリングレート、いわゆるインスタントタッチサンプリングレートが1000Hzと異次元のものになっていましたが、iQOO 9シリーズではiQOO 8に引き続き対応が明記されていません。さすがに1000Hzは過剰だったのでしょうか。

インスタントタッチサンプリングレート1000Hzを実現したiQOO 7

 ディスプレイの解像度はiQOO 9とiQOO 9 Proで異なり、前者はFHD+(2400×1080)で後者はWQHD+(3200×1440)。またiQOO 9 Proは10億色の表示に対応します。iQOO 9 Proの画素密度は517とかなり高めですが、高精細な分だけバッテリー持ちが少し気になります。

カメラ

 iQOO 9と9 Proのディスプレイ以外での最も大きな差異がカメラです。インカメラはどちらとも1600万画素。しかしiQOO 9は5000万画素のメインに1300万画素の120°超広角、1200万画素の望遠という構成ですが、iQOO 9 Proはそれぞれ超広角が5000万画素に、望遠が1600万画素にパワーアップしています。

 また、iQOO 9 Proの超広角レンズは画角が150°へと大幅にアップグレード。8万円台からのOnePlus 10 Proが同様のレンズを搭載、150°超広角の威力がわかりやすい作例を掲載していたためこちらを紹介します。

OnePlus 10 Proに搭載されている超広角レンズの作例。

 またiQOO 9ではメインカメラが光学式手振れ補正(OIS)に対応していますが、iQOO 9 Proではさらに強力な手ぶれ補正が期待できるマイクロジンバルを搭載しています。さすが超強力なジンバルを代々Xシリーズに搭載するVivoならではといったところです。

デザイン

 デザインはVivoのフラッグシップスマホである「Vivo X70 Pro+」と似たような外観に仕上がっており、サブディスプレイが入りそうな大きなカメラ部や細かい模様のついたデザインが特徴的です。

 本体色はiQOO 9がオレンジとブラックに恒例のBMWとコラボしたホワイト、Proはオレンジとホワイトの二色。本体サイズやカメラの数が同じであるため、ぱっと見での違いは分かりづらくなっていますが、オレンジに関しては異なる模様になっています。

その他

 iQOO 9/9 Proともにバッテリー容量は4700mAhで、120Wの急速充電に対応、19分で満充電が可能であるとのこと。また、iQOO 9 Proは別途中国の規制ギリギリの50Wワイヤレス充電、および他の端末に給電する10Wのリバースワイヤレス充電にも対応しています。

 重量はiQOO 9 Proのオレンジが203g、コラボモデルが209g。iQOO 9も重量に差がありそうに感じますが、こちらはなぜか206gのみの記載。iQOO 9 Proはワイヤレス充電のためのコイルなど搭載しており確実に重いはずですが、どういった理由なのでしょうか。

 また、iQOO 9 Proの大きなメリットといえるのが画面内指紋認証。品名こそ明記されていませんが、指紋を認証する範囲がAQUOS R6が採用する「3D Sonic Sensor Max」なみに巨大。二本指でのロック解除や濡れた指でのロック解除に対応しています。なおiQOO 9/9 Proともに顔認証には対応していますが、iQOO 9の指紋認証のサイズについては触れられていません。

価格

 iQOO 8の価格は3999元、日本円にして7万2000円からで、Proは4999元、9万円から。詳細な価格は以下の通り。

  メモリ/容量 256GB 512GB
iQOO 9 8GB 3999元
  12GB 4399元 4799元
iQOO 9 Pro 8GB 4999元
  12GB 5499元 5999元

 スペックは以下の通り。

  iQOO 9 iQOO 9 Pro
OS OriginOS Ocean(Android 12)
SoC Snapdragon 8 Gen 1
メモリ 8/12GB
容量 256/512GB
画面 6.78型有線EL  FHD+(2400×1080)
120Hz、フラットディスプレイ
6.78型有線EL WQHD+(3200×1440)
LTPO120Hz、エッジディスプレイ
カメラ 5000万+1300万+1200万画素 5000万+5000万+1600万画素
インカメラ 1600万画素
電池 4700mAh,120W 4700mAh,120W,50Wワイヤレス,
10Wリバースワイヤレス
寸法 164.55×76.7×8.37mm,206g 164.81×75.2×9.21(8.83)mm,203(209)g
5G n1/n3/n5/n8/n28A/n41/n77/n78 n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n66/n77/n78/n79
4G B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20
/B26/B28A/B34/B38/B39/B40/B41
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B25
/B26/B28/B32/B66/B34/B38/B39/B40/B41/B42
3G B1/B2/B4/B5/B8
その他 画面内指紋 巨大画面内指紋
海外スマホ個人輸入の定番
etoren
ETOREN イートレン
使い方