moto g31国内発表。5Gには非対応、5000mAh電池搭載 すまほん!!

 モトローラ・モビリティ・ジャパンは、「moto g31」を日本国内で2022年1月28日から発売します。価格2万5800円のエントリー機となります。

 moto g31は6.4型のフルHD+(2400×1080)有機ELディスプレイと5000mAhの大容量電池を搭載したSIMフリースマートフォンです。実行メモリは4GBで内蔵ストレージは128GB。その他、最大1TBのmicroSDカードに対応しています。

 SoCはMediaTek Helio G85を採用。同じSoCを搭載するグローバル版のAntutuベンチマークのスコアは約20万点であることから、基本性能はそれなりでライトな用途に向いていそうです。

 カメラは5000万画素メインカメラ+800万画素広角カメラ+200万画素マクロカメラの3眼。ディスプレイパンチホールのインカメラは1300万画素と、このクラスのカメラでは不満なく使えそうな印象です。

 この機種からワンランク上で日本国内でも発売されている「moto g50 5G」では、名前の通り5Gに対応していますが、今回発売されるmoto g31では残念ながら5Gには非対応。

 その他機能として、筐体側面の指紋認証と顔認証、IP52の防水・防塵規格性能、イヤホン端子を搭載しています。

 筐体サイズは161.89 x 73.87 x 8.55 mm、重量は181g。6.4型のディスプレイ、5000mAhの大容量電池を搭載しながらも、180g台と軽め。

 本体色はミネラルグレーとベイビーブルーの2色。

 公式の「moto store」や、Amazonや楽天市場などのECサイト、ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店ではすでに予約注文が開始されていて、価格は2万5800円(税込)。また、MVNOでも取り扱われます。以下はスペック表。

OS Android 11
SoC MediaTek Helio G85
メモリ 4GB
容量 128GB
画面 6.4型フルHD+有機ELディスプレイ(2400×1080)
カメラ 5000万画素+800万画素広角+200万画素マクロ
インカメラ 1300万画素
電池 5000mAh
寸法 161.89 × 73.87 × 8.55mm, 181g
5G 非対応
LTE 1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41
3G 1/2/5/8/19
その他 指紋認証、顔認証、IP52、イヤホン端子