スマホの背面にカードを差し込める「SPIGEN クリスタル・スロット」レビュー すまほん!!

 SPIGEN様よりiPhoneケース「クリスタル・スロット」をご提供いただきました。今回レビューするのはiPhone 12 Pro Max用になりますが、同様の商品がiPhone 13シリーズ、iPhone SEシリーズ向けにも販売されています。

 思えばiPhoneも2016年のiPhone 7シリーズで「おサイフケータイ」対応し、今ではApple Payを使ってiD/QUICPayや一部ブランドではタッチ決済/コンタクトレス決済にも対応しました。

 そんなわけで、iPhone1台でクレカや交通ICを複数内蔵してカード要らず・現金要らずの理想が実現!……しそうなものですが、定期券がおサイフケータイ非対応だったり、会社で貸与されている端末だったり、様々な事情でスマホの背面にカードを貼りたい需要があるようです。そういった需要にも対応してくれるSPIGENはさすが老舗といったところ。

 付属品は説明のテキストのほかは装着前にiPhoneをきれいに拭き取るためのクリーンクロスのみ。

 カードを差し込む部分は下半分が露出する形になっていますが、出っ張りがあって不意にカードが外れにくくなっています。

 前面はやや画面よりケースが迫り出していて、画面を下に置いても画面や、貼り付けたガラスフィルムが直接触れないようになっています。

 カメラ部分も同様で、保護のため少し出っぱっていますが、カード差し込み口があるため背中を下にして置いても本体がグラグラすることはありません。

 今回はApple Payを設定していないiPhoneで、Suicaを差し込み、JR東日本、大阪メトロ、ファミリーマートのレジで決済を試みましたが、ある程度スムーズでした。干渉防止シートも同時に購入されると、より確実にiPhone側のFeliCaとの干渉を防げるのでおすすめです。