京セラ、法人向けスマホDIGNO SX2・WX発表 すまほん!!

 京セラは、法人向けのSIMフリースマホである「DIGNO SX2」および同じく法人向けでキャリア通信非対応の「DIGNO WX」を発表しました。

 DIGNO SX2はミドルレンジの5Gスマホで、DIGNO WXは2020年12月に発表されたAndroid One S8をベースとしたWi-Fi専用端末。いずれも京セラの得意とする高い耐久性を自慢としています。

 米国国防総省が定めた「MIL-STD-810H」に準拠した20項目の試験もパス。防水防塵をはじめとし、様々な気候のハードな現場でも安心して利用できるデバイスに仕上がっています。さらにグローブを付けた状態や濡れた状態でも操作できるグローブタッチおよびウェットタッチに対応。

 加えて、DIGNO SX2はディスプレイには画面割れ対策のために4隅のフチを高くしているほか、2段強化ガラスを採用しています。

 処理能力はニーズに合わせたレベル。DIGNO SX2はSnapdragon 480 5Gを、DIGNO WXはMT6768(MediaTek Helio P65)を採用、メモリはいずれも4GBとストレージは64GBの構成のみで1TBのmicroSDに対応。

 ディスプレイはフルHD(1920×1080の液晶で、DIGNO SX2が6.1インチ、DIGNO WXが6.26インチ。カメラはDIGNO SX2のほうが劣っており、背面カメラも1眼で800万画素、インカメラも同じく800万画素。一方でDIGNO WXは1600万画素+800万画素ワイド、インカメラは800万画素。

 5Gに対応するDIGNO SX2の対応バンドはLTEでB1/B3/B8/B18/B19/B28/B41/B42に、5Gではn3/n28/n77/n78。おおむね全三大キャリアを網羅しています。キャリア通信に対応しないDIGNO WXでは、IEEE802.11a/b/g/n/acの他に、高速ローミング規格であるIEEE802.11k/rに対応。 

 本体色はDIGNO SX2がネイビー、DIGNO WXがブラックのみ。DIGNO SX2は6月中旬に、DIGNO WXは9月より販売を開始予定。別途、配送から修理サービス、リサイクルまでを京セラがサポートする「京セラモバイルサポート」に対応しています。

  DIGNO SX2 DIGNO WX
OS Android 11
SoC Snapdragon 480 5G MediaTek Helio P65
メモリ 4GB 4GB
容量 64GB 64GB
画面 6.1型 FHD(1920×1080) 6.26型 (1920×1080)
カメラ 800万画素 1600万画素+800万画素ワイド
インカメラ 800万画素
電池 4500mAh 4100mAh
寸法 約72×156×8.9mm,168g 約76×162×8.7mm,169g
5G n3/n28/n77/n78 非対応
LTE B1/B3/B8/B18/B19/B28/B41/B42 非対応
3G B1/B8 非対応
その他   IEEE802.11k/r