Apple Watchが爆発。アップルは口止め→失敗 すまほん!!

 Apple Watchが爆発したようです。所有者の話として9to5Macが伝えました。

 爆発したのはApple Watch Series 7。所有者が気温21℃ほどの家にいたところ、着用中のApple Watchが普段よりかなり熱いことに気づきました。

 さらに本体背面がひび割れたり、watchOSが高音のためシャットダウンする必要があるという警告を表示したりしたとのこと。

 すぐにAppleサポートに電話したものの、Appleはさらなる調査が必要だとして解決策は提供せず、本体に触れないよう指示。

 翌朝所有者が目を覚ますとApple Watchはさらに発熱しており、その熱で画面が粉々に。手に取るとパチパチという音が鳴り始め、窓から放り投げた瞬間に「爆発」したということです。ソファには焦げ跡が残ったとのこと。

 動画ではApple Watchから煙が出ている様子が確認できます。

 画面は外れ、黒ずんだ内部が見えています。

 所有者は再びAppleに連絡。Appleからはこの件は「最優先事項」であり、Appleの研究室にApple Watchを送るよう宅配業者を手配したと返信があったとのこと。さらにAppleはこの件を誰とも共有しないことに同意するよう求めましたが、所有者は拒否し9to5Macに連絡を取ったということです。

 Apple Watch Series 7が発売されたのは昨年。不適切なバッテリー交換をしていたとも経年劣化とも考えにくいところ。続報を注視したいところです。