Google Pixel 7 Proファーストインプレ。望遠良さそう? すまほん!!

 Pixel 7 Proを購入しました。ファーストインプレッションをお届けします。

開封

 Pixel 7 Proを買うつもりはなかったのですが、下取りが高価であったため、手元にあったPixel 4を下取りに出してPixel 7 Proを購入することにしました。

 開けようとしてびっくり。iPhoneで話題になった封印シールそのものがなく、すぐ開けれる状態で届きました。

 箱を開けて対面するのはカメラ側。インパクトがあります。

 表面には各インターフェースの案内があります。ディスプレイ面は曲面のガラスが採用されており、保護フィルムに悩むことになりそうです。

 付属品はUSB Type-C to CケーブルとUSB Type-A to Cアダプタが付属しており他機種からの移行をスムーズに行えます。電源用のアダプタは付属していません。

 iPhoneの透明感を演出するためのやや色温度の高いホワイトに比べて、Pixelのホワイト(Snow)は奥行きのない、純粋な白。

 初期設定を済ませていきます。本機種はeSIM+物理SIMのデュアルSIM構成です。SIMカードは手元に余っていたのがahamoのSIMしかなかったのでやむなくとりあえずahamoのSIMを入れることにしました。

 少し話題になったNTTdocomoがPixel 7シリーズの採用を見送った理由の一つとも噂されている5Gバンド、n79に対応していないため、docomoで使用するのは微妙なところですが、そのうちpovoかLINEMOにでも変えたいと思います。

 ちなみに同梱されていた箱にはpovoのキャンペーンコードとLINEMOのスペシャルオファーの案内が入っていました。他にもPixelのガイドブックなど、初めての人でも使いやすい工夫がされていました。

 ケースはiPhone 14 Pro Maxでも選んだSPIGENを選択しました。こちらはのちほど別記事で紹介できればと思います。

カメラ

 午前に受け取り、その後Apple丸の内に用事があったためついでに東京駅を撮影してみました。今日は曇りと天気が悪く微妙なコンディションでした。こちらも後日詳細なレビューをお届けできればと思います。

メインカメラ

 メインカメラは1/1.31インチ約5000万画素のクアッドベイヤーセンサーを搭載。レンズはF1.85と昨今のスマホでは突出したセンサーではありません。

 白飛びなく潰れもなく、適切な露出で撮影できていると思います。がディテールを見るとレンガは潰れてしまい、確認できない状態です。

 2倍のデジタルズームでも同様、レンガは潰れてしまっています。

望遠

 望遠カメラをチェックします。望遠カメラには約4800万画素のこちらもクアッドベイヤーのセンサーが採用されています。絞りはF3.5。光学5倍、デジタルで最大30倍となります。まずは5倍から。

 流石に望遠ということもあり先程は視認できなかった東京駅のレンガひとつひとつが確認できます。まだ使用時間が浅いので確実なことは言えないのですが、望遠カメラのクオリティが良いような気がします。

 30倍はどうかな?と思いましたがこちらもレンガ一つ一つは視認でき、ガラスの中の様子が視認できるレベルまで確認できました。状況次第では30倍も使用できるレベルになりそうです。また30倍の望遠でも手ぶれ補正が優秀なので三脚なしでもしっかり使えました。

超広角

 超広角カメラは約1200万画素のセンサー。絞りはF2.2と一般的。まあ時と場合に寄っては使うかな……。といった印象。こちらはマクロにも対応しているので結構寄れます。

 こちらの写真は超広角で撮影したのですが、人物が写り込んでしまったのでPixelのマジック消しゴム機能で消してみました。いかがでしょうか。SNSに使用する程度なら問題なさそうです。

セキュリティ

 筆者が以前まで利用していたPixel 4では顔を立体的にスキャンして認証する仕組みでしたが、7 Proでの顔認証はカメラを使った認証になりました。そのため、ロック画面の解錠以外では指紋認証が生体認証として用いられるようです。例としては筆者が利用している1Passwordでは常時指紋認証を求められました。

 指紋認証は精度、スピード共に悪くなく、以前Pixel 6シリーズであった他の指で解錠されることもありませんでした。

ディスプレイ

 ディスプレイは120Hzに対応しており、非常にヌルヌル。ただしバッテリーの関係で解像度がデフォルトでFHDに設定されているので、バッテリーを犠牲にしてでも本領を発揮させたい人は解像度をQHDに設定しましょう。

無難なチョイス

 今のところ特に不具合も問題もなく普通につかえています。Androidで良いスマホない?と聞かれたらPixelで良いんじゃない?というくらい無難な選択肢です。言っちゃえばこれが良いんだよな~~という機能も特にないのが残念でしょうか。

KDDIの最新端末をチェック
au Online Shop
SoftBankの最新端末をチェック。
SoftBankオンラインショップ