ナイアンティック、ARグラス「コンセプトデザイン」を公開。夢の超薄型デバイス すまほん!!

 「ポケモンGO」や「イングレス」なんかでお馴染みのナイアンティック社が、ARグラスのリファレンスデザインを公開しました。

 デバイスは、以前からナイアンティックがXR関連で協業するQualcommとの共同デザイン。同社は大手の半導体メーカーで、SoCの「Snapdragon」シリーズで有名な企業です。

 発表されたデザインは、マイクロソフトのMRデバイス「HoloLens」やMeta社のQuest Proも逃げ出すレベルの薄さ。(スマートフォンとは異なり)目線を下げずに屋外AR体験を可能にすることをイメージしたそうですよ。

 デモ動画も公開中で、リファレンスデザインのモックアップのほか、プロトタイプらしきデバイスで、ARコンテンツや道案内などを体験する様子を見れます。

 プロトタイプのARデバイスは、結構ゴテゴテした見た目な印象。リファレンスデザインは、あくまでもコンセプトなんでしょうね。

 

 現在、本格的なARデバイスを展開する企業は意外と少なく、MRまで視野を広げてもMagic Reapシリーズや話題のMeta Quest Proなど、機種は限られます。

 アップルが開発中という噂もあるのですが、正式な発表は皆無。もしナイアンティックが実際にARグラスを発売したら、結構シェアを獲得できるかもしれないですね。

 なお、今回の発表では、Qualcommとの提携強化も告知。 同社のXR開発プラットフォーム「Snapdragon Spaces(2023年開始予定)」と連携し、ナイアンティックのARコンテンツ向けのシステム「Lightship VPS」の機能追加がより簡単になると予告しています。

 「Lightship VPS」は、ビジュアル・ポジショニング・システムの一種。カメラ映像とナイアンティック側の3Dマップでユーザーの場所を測量し、ARコンテンツの正確な展開などに使用します。

  ナイアンティックによると、同システムを利用して、できるだけ多くのハードウェア上で位置情報をベースとしたAR体験を提供するのが目標とのことです。