帰ってきた、LiveView。SmartWatch MN2を試してみた。

 あのソニーエリクソンのLiveViewの後継機であるSmartWatchがついに日本で発売されました。

 数カ月前に愛用していたLiveViewが壊れてしまった僕にとってこの後継機はまさに待ち望んでいたデバイスといっても過言ではありません。

  そもそもこのLiveView、SmartWatchとは、わかりやすく言うとBluetoothでスマートフォンと接続することでわざわざスマホをとり出さなくてもまるで某ウルトラ警備隊のように腕時計型の情報端末でメールや着信の確認、TwitterやFaceBookまで使えるという製品です。実はこのLiveView、とても面白いデバイスだったのですが、かなり基本的な部分で問題を抱えており、実用に耐えうるものとは正直言いがたいものでした。

ここが変わったSmartWatch

 (LiveView側の仕様に関してはこちらのPocketGamesさんのBlogが参考になります。)

  1. 全面タッチパネルに対応

     LiveViewでは上下左右の画面端のみ認識するタッチセンサーと本体右上に付いているセレクトボタンを組み合わせた操作だったのに対してSmartWarchでは画面全てがタッチパネルとなりました。

     これによりLiveViewでの画面端をタッチして選択→セレクトボタンで決定→画面端をタッチして選択→…という極めて煩雑な操作がSmartWatchでは画面をフリックして選択→タッチで決定という正面の画面のみで完結する直感的な操作へと変化しました。

  2.  高級感の増した本体デザイン
      LiveViewではプラスチックを多用したお世辞にも高級感があるとは言えないデザインでしたがSmartWatchでは金属の画面フレームを採用したモダンなデザインになっています。(ソニエリロゴが消えたことには賛否両論有りそうですが…)
  3. 安心感のあるバンド&改良された充電機構

     LiveViewのウリは時計型デバイスであることでしたが、実はこのためのバンドを止める部品がプラスチック製のためかなり外れやすく、割れやすいため気付いたら落としていた…なんてことが頻発しました。(筆者のLiveViewもバンドから落下→電源ボタン直撃で内部のはんだが外れるというコンボを決めて壊れてしまいました。)

     このSmartWatchはそれまでLiveViewでは別パーツとなっていたクリップを本体と固定にし、そのクリップでバンドを挟み込む形に改良してあります。これによりバンドから外れるという恐怖に怯えることなく外に付けて歩けるようになりました。

     また、LiveViewでは充電端子の位置の関係で時計用のバンドをつけていると端子と干渉して充電できないという設計ミスがありました。このため充電時にはいちいち外さねばならずそのため落下しやすくなるという事態が多発しました。

     SmartWatchでは専用端子をクリップで挟み込む形で充電するため時計用バンドをつけたままでも干渉することなく充電できるようになっています。また標準で専用の金具が付属しているため自分の好きな時計用のバンドでも使うことができるようになっています。
     
     

  4. 耐久力の向上した電源ボタン
      LiveViewでは電源ボタンが左上の角にセレクトボタンが右上の角に配置されていました。そのため落とした時当たり所が悪いと一点で衝撃を受けてしまい中のはんだが外れ壊れてしまうという事態が頻発しました。
      SmartWatchでは右側面に配置されたお陰で点ではなく面で受ける形となるためボタンに衝撃が集中する事はなくなっていると考えられます。

 

 その他にもLiveViewで頻発していたBlueToothの接続切断も大幅に減り、接続が切断してもすぐに再接続が完了するようになっていたり、PCに接続しなくてもアップデートが出来るようになっていたりと改良は多岐にわたります。

 このように全体的に弱点をきちんと潰し製品としての満足度も向上したSmartWatch。LiveViewがそもそも製品としての域に達していなかったのではないか?という批判はさておき、今度は日常でも安心して使えるデバイスに仕上がっていると思います。

 ライバルであるBlueTooth対応G-Shockが現状MEDIASシリーズ専用となっていることもあり、まさにこのSmartWatchはこのようなデバイスを求めている人にとってはベストバイといえるのではないでしょうか?

(ところでSmartWatchのパッケージのうまい開封の仕方についてだれか教えてください…)

 


Sony Ericsson LiveView MN800 ソニーエリクソンライブビュー 並行輸入品 (リストバンド付き)


Sony SmartWatch (TwitterなどができてXperiaと連携できるタッチディスプレイ腕時計) 輸入品