au「一生つきあえる100年メール」→わずか6年で終了

 「100年分のメールを保存できる。一生つきあえる100年メール」として登場した「au oneメール」に終止符です。

 KDDIは、「au oneメール」の新規申し込み受付を2013年3月31日に停止、同年9月30日にサービスを終了すると発表しました。その理由を利用者の減少としています。

 元々GoogleのGmailをベースにしたWebメールサービスで、「@auone.jp」のドメインが使えるというもの。当時はフィーチャーフォン、PCから大容量のメールサービスを使えるというのが売りでした。

 現在普及しているAndroidは、利用にはGmail登録がほぼ必須。登場から6年の「au oneメール」は、必然的にその役目を終えたとも考えられます。

情報元:ITmedia