Androidにはマナーボタンがない? ― 今さら聞けないマナーモードの概念

 iPhoneなら、側面のスイッチをスライドさせるだけで、マナーモード/通常モードの切り替えができます。また、フィーチャーフォン(いわゆるガラケー)の場合、マナーモードは数字の「*」ボタン等を長押しで、切り替えすることができました。マナーは物理スイッチで切り替えられるのが当たり前だと考えている人も多いでしょう。

 ところが、Androidスマートフォンの場合、ほとんどの機種の場合、マナーモードを切り替える物理的なスイッチがないように見えます。Androidへ乗り換えようとしているユーザーの中には、この点に戸惑ってしまう方もいるようです。

 そこでAndroidをこれから使う人に覚えておいて欲しいのは、マナーモードは、着信音量の上下ボタンと連動しているということです。

 音量キーを上に押せば、着信時の通知音量が上がります。逆に音量キーを下に押せば、着信時の通知音量が下がります。音量が下がりきったところで、音量キーを下に押すと、バイブレーションでの通知になります。さらに下に押せば、サイレントモードへ移行します。音量キーと完全に連動しているわけです。

 この状態変更をさらにわかりやすく切り替えられるのが、電源ボタン長押しですね。(一部機種では省かれていることがあります) 画面点灯時に、電源ボタンを長押しすると、「サウンド」「バイブ」「サイレント」のそれぞれのボタンを押すことで、切り替え可能。音量も追従します。

 つまり、音量キーを押す、または電源ボタン長押しにて、マナーモードに相当する設定が行えるということになります。このことを頭に置いて一度触ってみれば、ああ、そういうことかとすんなり理解できるかと思います。むしろ着信音量のために、わざわざ深い設定階層まで行かずに済み、音量キーで容易に変更できるというのは、わかりやすくもあります。

 Android端末を買った時、マナーの切り替えはどうするんだ!なんて、焦らないようにしたいものです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus