au版iPhone5のLTE実人口カバー率は71%、先日の通信障害には700円の返金 ― KDDI正式発表

 KDDIは、5月末に東京、神奈川、山梨の一部で2日連続で起きた通信障害について、影響を受けたユーザーに700円を返金すると発表しました。7月以降の請求時に利用料金から700円分を差し引く形になると見られます。

 2日連続で60万人前後のユーザーが影響を受けているため、対象ユーザー数を700倍した額が、ユーザーに還元されるような形でしょうか。ただ今回の反省を受けて、KDDIは設備投資予算を70億円増額して300億円にするため、返金額も誤差の範囲内かも知れませんね。

 また、この発表では、禁断のau版iPHone5のLTEの実人口カバー率についても公開されています。

通信方式 2013年3月末 (実績) 現在 (2013年5月末) 2014年3月末 (見通し)
CDMA2000 1x (音声/データ)  99% 99% 99%
EV-DO (3G) 99% 99% 99%
LTE (800MHz帯)
10MHz幅(主に75Mbps)
96% 97% 99%
LTE (2.1GHz帯) 5MHz幅以上(主に37.5Mbps)  63%  71%  80%
LTE(2.1GHz帯) 10MHz幅以上(主に75Mbps) 14%  20%   精査中

 iPhone5の利用する2.1GHz帯は、3月時点で63%、5月末時点では71%となっています。2014年3月頃には80%になるとのこと。2ヶ月で8%近くエリアが増えているわけですが、71%から9%増えてカバー率80%になるまでには、ペースが大きく鈍化、来年の3月(つまり10ヶ月かかる)ということになります。

 あくまでKDDI本来の主力は2.1GHz帯ではありませんし、LTE 800MHz帯にiPhone5Sが対応するという噂も現実味を帯びますね。800MHz帯のLTEは現時点でも実人口カバー率97%となっています。

情報元:KDDI

[訂正]タイトルからLTEが抜け落ちていたため、訂正させていただきました。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus