アップル iMac(Late2013) を発表 Haswell搭載 高速無線LANに対応・円安を反映し値上げ

21.5iMac_27iMac_34R_GrnVlly_Flower_PRINT

 アップルのモバイル製品にばかり目がいってしまいますが、アップルは iMac の新モデルiMac (Late 2013) を発表しました。アップデートに伴い円安を反映、若干値上げもされているようです。

 主な変更点はプロセッサが第四世代 Intel Core プロセッサの Haswell へと進化。併せてGPUも Intel Iris ProグラフィックスやNVIDIA GeForceの700シリーズへと変更されています。

 他にも、無線LANが IEEE 802.11ac に対応するなど細かな点で改善がなされていますが、そこまで特筆する変更点は見当たりません。intelプロセッサの更新・供給に合わせた、恒例のサイレントアップデートといったところでしょう。

 こうしたMac製品のアップデートは、今年2013年ではMacbook Airが夏に更新されて以来となります。そういえば、MacBook Proにもグラフィックスやバッテリー駆動時間を改善するアップデートが来るとずっと言われていますが、未だお触れなし。登場が噂される新世代iPadや、近々発売されるであろう新型Mac ProやOS X Mavericksと同時の発表となるのかもしれません。

関連サイト: Apple Days | Apple製品の発売周期まとめ
情報元:アップル – iMac

この記事にコメントする

comments powered by Disqus