【エイプリルフール】Ama2on 電子書籍の積読を警告するスマートウォッチ「Tsundle Fire」を発表

tsundle_band

 Ama2on は展開する電子書籍サービス Kincle において「購入はしたが読んでいない」いわゆる「積読本」を警告するスマートウォッチ「Tsundle Fire」を発表した。

 Tsundle Fire は2インチの電子ペーパーを搭載した腕時計型の端末。通常は腕時計として利用できるものの、積読本が3冊から1冊増えるごとに内蔵されたヒーターの温度が1度上昇する。

 同端末に対して Ama2on CEO ジョフ・ベゾヌ氏は会見で「Ama2onにはKincleを次なるステージに移行させるための革新的なハードウェアが必要だった。Tsundle Fireは読書をより体感的なものとし、コンテンツの消化を促進する」とコメントし、意欲的かつ挑発的な姿勢を見せた。

JeffBezonu

 Kincleユーザであれば書籍購入時のオプションとして表示され、代金・送料ともに無料で注文が可能となっており「利益は発生するのか」という質問に対して「There’s no free lunch.」と回答した。 

 主な仕様としては、ディスプレイは2インチの電子ペーパー、通信用のGSM / 3Gモジュール、本人確認用の静脈センサー、心拍数や発汗数を測定するセンサーや現在地をリアルタイムにモニタリングするためのGPSも内蔵されている。利用者の体温と内蔵されたソーラーで充電を行うため、充電せずに約1年間の利用が可能となっており、1度でも取り付けると3冊以上積読本がある場合は取り外しが不可能となっている。

 発表会の後に行われたタッチアンドトライのイベントでは、装着したその場で端末が急速に加熱し爆発するアクシデントに見舞われ、会場は一時騒然となったが、けが人はいなかった。

 純正オプションとして「Tsundle Fire プライム(任意火災保険)」を月額9,800円で用意し、最悪の事態を考慮している。すでに商品のレビューには「Ama2onが提供する火災保険なら安心できるので☆5つです」といったレビューが掲載されている。

 発売日は3月31日を予定している。

 ※この記事は2014年4月1日のエイプリルフール用のジョークとして公開されました。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus